- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

今季 ディミトロフvsゴファン

グリゴール・ディミトロフ/ゴファン
(左から)ディミトロフとゴファン
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATPは1日に公式サイトで、2017年のライバル関係特集として世界ランク3位のG・ディミトロフ(ブルガリア)と同7位のD・ゴファン(ベルギー)を取り上げた。

両者は今シーズンだけで5度対戦し、ディミトロフの4勝1敗。

ディミトロフは、2014年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会初の4強へ進出する活躍を見せたが、2016年に入ると世界ランキングは一時40位まで後退してしまう。

しかし、今シーズンはコーチであるD・ヴァルヴェドゥの指導のもと、2月終了の時点で16勝2敗の好成績でシーズンをスタートさせた。

26歳のディミトロフとゴファンはシーズン序盤に3度対戦。最初は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝で、ディミトロフが6-3, 6-2, 6-4のストレート勝ち。

次は、その2週間後のソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、インドアハード、ATP250)決勝戦で、地元優勝のプレッシャーからか、やや硬さが見えたディミトロフだったがゴファンを7-5, 6-4で倒して地元で初優勝を果たした。マッチポイントを決めた瞬間、ディミトロフの目からは涙が溢れていた。

しかし、両者の激突はすぐに訪れた。わずか5日後に、ABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)準々決勝で顔を合わせ、ゴファンが6-4, 1-6, 6-3のフルセットでリベンジし、ディミトロフから初勝利をあげた。

ゴファンはツアーで最も軽い選手の1人だが、体格に恵まれない中でも2016年は世界ランク11位と、トップ10目前でシーズンを終えていた。

そんなゴファンは、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)3回戦でアクシデントに見舞われた。ボールを追いかけてコート端のシートに引っ掛かり右足首を捻挫。その後のウィンブルドンも欠場となった。

7月に復帰したゴファンは、バックハンドを軸として攻撃的なプレーを展開すると同時にサービスの強化にも成功すると、秋のアジア・シーズンで結果につながった。シンセン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)に続き楽天ジャパン・オープン(東京、ハード、ATP500)と2週連続の優勝を飾った。

その間、ディミトロフも8月にはウェスタン&サザン・オープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でマスターズ大会初優勝を飾るなど、両者はNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)出場の切符を手にする。

Nitto ATPファイナルズの予選ラウンドロビンで同グループとなった2人は、初戦を勝利する好スタートを見せた。

ディミトロフはD・ティーム(オーストリア)を6-3, 5-7, 7-5で下した。一方のゴファンは、世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)から7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-4のフルセットで勝利。

その後、両者は予選ラウンドロビンで顔を合わせたが、今季唯一となる一方的な展開となった。ディミトロフはゴファンを6-0, 6-2とわずか74分で一蹴すると同時に準決勝進出を決めた。

ゴファンは続く試合で、準決勝進出をかけてティームと対戦し勝利すると準決勝へ駒を進めた。

迎えた準決勝でゴファンは、これまで6戦全敗だったR・フェデラー(スイス)に2-6, 6-3, 6-4の逆転で勝利し、同一大会でナダルとフェデラーの2人を倒した6人目の選手となった。

ディミトロフも準決勝でJ・ソック(アメリカ)を4-6, 6-0, 6-3の逆転で退け、今季5度目となるゴファンとの決勝戦へ進出した。

決勝戦ではディミトロフがゴファンを7-5, 4-6, 6-3のフルセットで下すと、キャリア最高のタイトルを獲得。初出場で優勝を飾ったのは、1998年のA・コレッジャ(スペイン)以来となった。

この大会の成績によりディミトロフは世界ランク3位、ゴファンも7位と自己最高位を更新してシーズンを終えた。






■関連ニュース■

・ディミトロフ 公の場でキス
・ゴファンに独占インタビュー
・フェデラー戦に迷いのゴファン
(2017年12月3日19時38分)

その他のニュース

10月20日

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

10月19日

大坂ら最終戦の組み合わせ (21時18分)

大坂なおみと伊達公子が共演 (19時27分)

伊藤竜馬 4強入りならず (18時58分)

18歳ヤストレンスカ 快進撃 (17時05分)

ゲルゲス 苦戦もベスト4進出 (16時21分)

快勝フォニーニ 次戦はチョン (15時17分)

前年準Vシュワルツマン 8強 (14時35分)

ブシャール4強「興奮」 (13時19分)

5選手が新人賞にノミネート (12時30分)

モンフィス、ツォンガ破り8強 (9時18分)

イズナー 大接戦制し8強 (8時39分)

10月18日

スーパーJr 東、斎藤が8強入り (22時51分)

大坂 WTAファイナルズ放送予定 (22時15分)

伊藤竜馬、快勝でCH8強 (22時04分)

西岡ら主催イベント 今年も開催 (21時08分)

ムグルサ 18歳に敗れ8強逃す (19時20分)

チェッキナート 完敗で姿消す (18時36分)

ハレプ 最終戦を欠場「残念」 (17時48分)

錦織 カムバック賞候補に (17時00分)

21歳以下 最終戦3選手確定 (16時00分)

八百長と勧誘で永久追放 (13時56分)

ソック 連敗ストップで8強へ (12時47分)

最終戦8選手出揃う 21日開幕 (11時24分)

ラオニッチ 2週連続初戦敗退 (10時34分)

10月17日

綿貫 チャレンジャー8強ならず (22時32分)

スティーブンス 完敗で姿消す (21時22分)

大ヒットDVDの続編 先行販売 (20時01分)

ジョコ 獲得数でナダル越え (19時06分)

ハレプ棄権「まだ痛みある」 (16時51分)

ムグルサ 次戦は18歳前週女王 (15時56分)

マクラクラン組、接戦落とす (15時15分)

チョン 快勝で初戦突破 (14時16分)

シモン キャリア通算450勝 (12時47分)

キリオス エース25本で勝利 (11時44分)

ツォンガ、8カ月ぶりの勝利 (9時31分)

伊藤竜馬、添田豪が初戦突破 (8時27分)

ダニエル太郎が初戦敗退 (7時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!