- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織の珍ジャッジに観客笑い

「日清食品 ドリームテニスARIAKE 2017」が、11月25日に、東京・有明コロシアムで開催され、奈良くるみ大坂なおみ上地結衣チョン・ヒョン(韓国)M・チャン(アメリカ)ダニエル太郎内田海智中川直樹綿貫陽介伊達公子松岡修造が参加した。

2020年オリンピック/パラリンピックに向けての改修工事前の最後のイベントとなった。

イベントでは、奈良対大坂や、上地対伊達&松岡、綿貫対チャン、伊達&チャン対大坂&松岡などのエキシビションマッチが行われ、約1万人の観客は、約5時間半のドリームマッチを楽しんだ。

また、特別ゲストとして、錦織圭も参加し、ダニエル/綿貫対内田/中川の男子ダブルスと、伊達/チャン対松岡/大坂のミックスダブルスの主審を務めた。錦織主審の珍ジャッジに、観客から笑いが起こる場面も見られた。

「すごく有意義な時間でした。僕自身楽しんで、できていることが一番いいことかなと思います。まずはたくさんの方が出てくれたことに感謝したいです。マイケルやチョンも海外から来てくれているので。最近は、世界中でどこでも震災が起こったり、戦争をしていたり、なかなか自分一人では止められないところがあります。少しでも、微力ながらも、みんなの助けになったり、楽しんでもらえたりしてもらえることは、生きている中でも、とても大事なことだと思う」(錦織)

なお、今回のチャリティーマッチの収益の一部は、東日本大震災への義援金として寄付される。

(文・写真/神 仁司)

プロフィール
神 仁司(こう ひとし)
ITWA国際テニスライター協会のメンバー。テニス専門誌の記者を経てフリーに。数々の海外大会を取材し、多数のテニス選手へのインタビュー取材をしている。国際テニスの殿堂の審査員。ラジオでは、スポーツコメンテーターも務める。著書に、「錦織 圭15−0」(実業之日本社)、「STEP 森田 あゆみ、トップへの階段」(出版芸術社)。






■関連ニュース■

・錦織、珍事で主審に抗議
・錦織 けがして良かった部分ある
・フェデラー 錦織は「欠かせない」
(2017年11月25日19時40分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!