- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

清水悠太、快勝で初戦突破

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ(日本/愛知県、カーペット)は13日、シングルス1回戦が行われ、18歳の清水悠太が20歳の山崎純平を6-3, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。


2回戦では、第2シードのM・エブデン(オーストラリア)高橋悠介の勝者と対戦する。

清水は8月のダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権(大阪/大阪市、靱テニスセンター)で単複2冠を達成。9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では堀江亨とのダブルスで、日本人同士のペアで四大大会ジュニア初の決勝進出を果たした。

さらに10月の大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会(大阪府/ブルボン ビーンズドーム、室内ハード)に第1シードで出場し、世界ジュニアの頂点に立った。

同日の1回戦では世界ランク392位の今井慎太郎が第1シードのダニエル太郎をストレートで破る金星をあげ、2回戦へ進出した。守屋宏紀A・ウィッティントン(オーストラリア)に敗れた。

今大会の第3シードは伊藤竜馬、第4シードは添田豪、第5シードはJ・ミルマン(オーストラリア)、第6シードはクォン・スーン・ウー(韓国)、第7シードはC・エメリー(フランス)、第8シードはイ・ダクヒ(韓国)






■関連ニュース■ 

・堀江/清水、健闘も全米準V
・清水悠太 U18単複2冠達成
・清水悠太、重圧乗り越えV
(2017年11月13日22時22分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!