- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

杉田、苦戦も元世界8位を撃破

男子テニスのイントゥルム・ストックホルム・オープン(ストックホルム/スウェーデン、ハード、ATP250)は19日、シングルス2回戦が行われ、第7シードの杉田祐一が世界ランク91位のM・バグダティス(キプロス)を6-3, 3-6, 6-2のフルセットで下し、ベスト8進出を果たした。

>>杉田らストックホルムOP 対戦表<<

>>杉田 準々決勝1ポイント速報<<

この日、第1セットを先取した杉田だったが、第2セットは先にリードを許すとセットカウント1−1に追いつかれる。

その後、杉田はファイナルセットの第1ゲームでブレークを許したが、2度のブレークに成功。今年7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)準決勝に続いて元世界ランク8位のバグダティスに2連勝とした。

準々決勝では、第4シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と世界ランキング49位のJ・シュトルフ(ドイツ)の勝者と対戦する。

アンタルヤ・オープンで日本男子史上3人目のツアー優勝を成し遂げた杉田は、国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター)で錦織圭が不在の中でシングルス2勝をあげて勝利に大きく貢献。

さらに楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)では大会初のベスト8に進出。大会後に発表された世界ランキングで自己最高の36位を記録し、錦織に次ぐ日本男子史上2人目の30位台へ浮上した。






■関連ニュース■ 

・2017年は男子テニスが一変
・杉田祐一 大会初の2回戦進出
・19歳の綿貫 陽介 海外CH初8強
(2017年10月19日21時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!