- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ケルバー 勝利へ「少し」届かず

ケルバー
会見で語ったケルバー
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)は23日、シングルス準決勝が行われ、フルセットで敗れて決勝進出とはならなかった第7シードのA・ケルバー(ドイツ)は、試合後の会見で「第1セットを落としたあと、なんとか反撃しようと出来るだけのことをしたけど、勝つためには少し足りなかった」と振り返った。

>>東レPPO 対戦表<<

この日、世界ランク23位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦したケルバーは、第1セットを1ゲームも取れずに落とす厳しい展開に。続く第2セットでもパブリュチェンコワの勢いに押され、ゲームカウント2−5と崖っぷちに立たされたが、その後猛攻を見せてタイブレークへ持ち込み、チャンスを活かしてセットカウント1−1に追いつく。

流れを掴んだケルバーはファイナルセットでゲームカウント3−0と引き離したが、その後パブリュチェンコワに反撃を許し、0-6, 7-6 (7-4), 4-6のフルセットで敗れた。試合時間は2時間8分。

「非常にタフな試合で、アップダウンの激しい試合だった。負けてしまったけど、この試合からもポジティブな面を見つけて今後の試合に活かしていけるように試みたいと思う。」

第2セットの第3ゲーム終了後、ケルバーは利き手である左腕を治療し、痛みからか顔を歪める場面も見られた。この怪我については「左腕がどうなっているのか、自分でも良く分かっていない状態。十分にプレー出来ると思っていたし、これが深刻な怪我でないことを祈るばかり」とコメントしていた。

現在世界ランク14位のケルバーは「最近は良い試合が出来ていたと思うので、それらを今後の試合に必ず活かしていきたい。また、今日の試合からも上手く出来なかったところを見つけて、学んで今後に活かし、更に成長出来ればと思う」と今後の取り組みについて語っていた。






■関連ニュース■ 

・ケルバー語る トップの重圧
・プリスコバ「僅かな差だった」
・昨年女王 思わぬ形で4強入り
(2017年9月23日16時24分)

その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!