- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

二宮真琴「思い切って出来た」

二宮真琴、ボラチョーバ
(左から)二宮真琴、ボラチョーバ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)は21日、ダブルス準々決勝が行われ、第3シードを破りベスト4進出を果たした二宮真琴/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組が、試合後の会見で「パートナーと思い切って出来たのが勝ちに繋がりました」と振り返った。

>>東レPPO 対戦表<<

準々決勝、第3シードのA・ロソルスカ(ポーランド)/ A・スピアズ(アメリカ)組と対戦した二宮/ ボラチョーバ組は、接戦の末に第1セットを先取。しかし、続く第2セットでは1ゲームしか取れず、10ポイントマッチ・タイブレークへもつれる。その後は先にミニブレークに成功した二宮/ ボラチョーバ組が引き離し、7-5, 1-6, [10-5]のフルセットで勝利した。試合時間は1時間21分。





会見では「ダブルスが上手な2人だった。でも、私たちは積極的なプレーをやろうと思って入っていた。1セット目は数少ないチャンスをものにして取れたが、2セット目は私が消極的になってしまいゲームを離されてしまった」と二宮。

続けてボラチョーバは「とても良い試合が出来たと思っている。第2セットは落としてしまったけど、試合の仕方に関してはポジティブに感じている。最終的に勝てたのでとても嬉しい」と振り返っていた。

今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)女子ダブルスで四大大会初のベスト4進出を果たした二宮/ ボラチョーバ組。二宮は、同じ94年組の穂積絵莉/ 加藤未唯組に続き、好成績を残した。





「自分がやるべきプレーを自分の中で整理出来てきた。ウィンブルドンではお互い積極的なプレーが出来ていたけど、私がもっと前で仕事をしてポイントに繋げるパターンや、後ろの時はもっと積極的に攻めることをずっと練習してきているので、それが自分の中でもまとまってきて、だんだん良くなってきているのかなと思います」

また、この日の試合にも多くの観客が足を運び、コート1はほぼ満席状態。二宮/ ボラチョーバ組がポイントを決める毎に大きな声援を送っていた。

観客に対して「平日にも関わらず、沢山のお客さんがコートで待って下さっていて、コートに入った時に観客の多さに凄くびっくりした。2人で、ウィンブルドンの1・2回戦より人が凄いねと話して入った。まだ2回戦なのに、こんなに沢山のお客さんが応援しに来て下さっているのは凄く嬉しいですし、私にとってはホームなのでとても力になりました」と二宮。

ボラチョーバも「素晴らしい観客の方たちに沢山来て頂いて心から感謝している。私自身もホームだと感じることが出来た。彼らから沢山のエネルギーを貰って助けられた」と話していた。

最後に「明日も是非多くの方たちに来て頂いて、そして良い試合を見て頂きたい」と意気込みを語った二宮/ ボラチョーバ組は、準決勝で奈良くるみ/ 尾崎里紗組とD・ガブリロワ(オーストラリア)(オーストラリア)/ D・カサキナ(ロシア)(ロシア)組の勝者と対戦する。






■関連ニュース■ 

・二宮真琴 快進撃の裏側明かす
・二宮真琴組 シード破り4強
・二宮真琴4強「すごい驚き」
(2017年9月21日17時07分)

その他のニュース

7月17日

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

7月15日

望月慎太郎 ジュニア世界1位 (22時02分)

錦織7位 7/15付の世界ランク (17時00分)

大坂2位 7/15付の世界ランク (16時00分)

グランドスラム2大会連続V (15時30分)

初優勝で世界1位へ (15時00分)

望月 錦織は「素晴らしい人」 (11時00分)

ジョコ「喜び超える感情」 (9時52分)

錦織圭 快挙の望月慎太郎を祝福 (8時49分)

フェデラー「これが現実」 (7時08分)

望月慎太郎「快挙の実感ない」 (6時19分)

フェデラー惜敗「忘れない」 (4時31分)

ジョコV5「誇りに思う」 (4時02分)

ジョコビッチ 死闘制しV5 (3時08分)

国枝 ウィンブルドン初V逃す (3時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョコ (3時05分)

7月14日

日本男子初の快挙 望月が頂点に (22時35分)

望月慎太郎V 日本男子初の快挙 (22時09分)

デル=ポトロ 松葉杖なしに (16時58分)

ハレプ 腹痛乗り越え快挙達成 (15時00分)

約5時間の死闘制し初優勝 (13時59分)

セリーナ 産後初Vと偉業逃す (7時53分)

ハレプV「人生で最高の試合」 (5時56分)

セリーナ わずか56分で敗れる (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!