- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

異常事態 欠場とシード敗退続出

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は15日、M・ラオニッチ(カナダ)が左手首の負傷により欠場を発表。この結果、世界ランキングのトップ10で7選手が欠場、さらにシード勢早期敗退の異常事態が起きている。

>>W&Sオープン対戦表<<

開幕前、世界ランク1位のA・マレー(英国)と昨年覇者で同6位のM・チリッチ(クロアチア)が欠場を表明。同4位のS・ワウリンカ(スイス)と同5位のN・ジョコビッチ(セルビア)は今シーズン終了を発表していた。

さらに世界ランク3位のR・フェデラー(スイス)と同9位の錦織圭が怪我により開幕直前で欠場。そして、ラオニッチもそれに続いた。

現在、世界ランキングのトップでは1位のR・ナダル(スペイン)、7位のA・ズベレフ(ドイツ)、8位のD・ティーム(オーストリア)が出場。

現地15日に行われた2回戦では第3シードのティームが初戦を突破。第1シードのナダルと第4シードのズベレフは16日の2回戦に登場する予定。

その他のシード勢では第9シードのD・ゴファン(ベルギー)、第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第12シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第13シードのJ・ソック(アメリカ)が1回戦で敗退。第8シードのJW・ツォンガ(フランス)は初戦の2回戦で姿を消した。

今年最後の四大大会である全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は28日に開幕する。






■関連ニュース■ 

・錦織13位へ後退 ズベレフ3位
・錦織らトップ10で6選手欠場
・一触即発ムード あわや顔面直撃
(2017年8月16日11時45分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!