- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル撃破「信じ続けた」

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は10日、男子シングルス4回戦が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)との4時間48分に及ぶ激闘を制した第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)が、試合後の会見で「良く分からない。ただ必死だった。チャンスがきても最初は生かせなかったが、それでも信じ続けた」と振り返った。

>>ウィンブルドン対戦表<<

「自分自身に言い聞かせていた。ベストを尽くしているし、良いプレーも出来ている。辛抱強く戦っていればきっとチャンスはくると。」

この日、世界ランク2位のナダルと対戦したミュラーは、第1・第2セットを取る猛攻で王手をかける。しかし、ナダルの反撃を許して第3・第4セットを落とし、勝敗はファイナルセットへもつれ込む。

両者一歩も譲らず、一進一退の攻防が繰り広げられる中、第28ゲームでミスを重ねたナダルを隙をついてブレークし、6-3, 6-4, 3-6, 4-6, 15-13の激闘に終止符を打った。

最後、ナダルのフォアハンドがラインを割った瞬間を見届けたミュラーは、数秒間呆然と立ち尽くしていた。その時のことについて「大きな安堵を感じていたとでも言おうか。何度もマッチポイントがあったが、ラファがしのぐ度に観客の大声援が起きていた。やっと終えたという安堵の気持ちだった」と、心境を明かしていた。

「終わった瞬間は多くの感情が込み上げて来た。試合の終わりは観客も応援してくれていたと感じた。最高の瞬間だった」

大会初のベスト8進出を果たしたミュラーは、準々決勝で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは、同日の4回戦で第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。






■関連ニュース■ 

・惜敗ナダル 試合後のコメント
・錦織 残りシーズンへ向け休養
・フェデラー Vまでの戦い予想
(2017年7月11日15時24分)

その他のニュース

8月5日

大坂なおみ 全米OP出場へ (18時16分)

フェデラー 米雑誌の表紙飾る (17時00分)

全国選抜の中止「苦渋の結論」 (16時04分)

杉田祐一やガスケが予選出場 (15時04分)

城田優が全国高3大会を応援 (13時37分)

ツアー再開の初戦は白星 (12時25分)

錦織 全米OPにエントリー (11時00分)

ナダル 全米OP欠場を発表 (8時44分)

マドリッドOP 中止を発表 (1時06分)

8月4日

フェイクショット集5選を掲載 (18時47分)

大坂 女子スポーツ促進を支援 (17時37分)

【ヨネックス】「ラクラケ、アストレル3モデルで手強いベテランプレーヤーになろう」 (15時43分)

再開初戦は午前2時「厳しい」 (12時59分)

女子ツアーが再開「うれしい」 (11時21分)

マレーら 再開初戦に出場決定 (10時27分)

8月3日

ナダル、ゴルフ大会出場で活躍 (18時48分)

ウィルソンが史上最年少契約 (18時46分)

スポーツのスター選手が就任 (18時35分)

「陸上出場も考えた」と告白 (15時35分)

マレーら 英エキシビが決着 (13時59分)

錦織と大坂 全米OP意気込み語る (12時08分)

ズベレフ 熱戦制し初出場でV (11時00分)

8月2日

マドリッドOPの中止を勧告 (18時37分)

ツアー再開戦の組み合わせ発表 (17時43分)

マレー 英エキシビ複で白星 (15時55分)

ズベレフが19歳新星に勝利 (13時01分)

再開戦で選手の陽性が判明 (11時02分)

キリオス 全米OP欠場を発表 (9時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!