- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎 全仏OP初戦突破

ダニエル太郎
初戦突破を果たしたダニエル太郎
画像提供: tennis365.net
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日、男子シングルス1回戦が行われ、予選勝者で世界ランク102位のダニエル太郎が同164位のJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)を6-4, 6-4, 6-4のストレートで下し、2年連続の初戦突破を果たした。

>>錦織vsコキナキス 1ポイント速報<<

>>杉田vsジョンソン 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

この日、ダニエル太郎はヤノヴィッツの足元へ深いリターンを返すなどでポイントを獲得し、1度もブレークを許さず第1セットを先取。

続く第2セットでも主導権を握ったダニエル太郎は、2度のブレークに成功してセットカウント2−0に。その後もヤノヴィッツの反撃を許さず、勝利を手にした。

2回戦では、第20シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)F・マイヤー(ドイツ)の勝者と対戦する。

現在24歳のダニエル太郎は今大会の予選から出場し、予選1回戦で守屋宏紀、予選2回戦でM・ペコティック(クロアチア)、予選3回戦でA・ルブレフ(ロシア)を下して3年連続の本戦入りを果たした。

昨年は、本戦1回戦でM・クリザン(スロバキア)の棄権により四大大会初勝利をあげ、続く2回戦でS・ワウリンカ(スイス)に敗れるも善戦を見せた。

一方、敗れたヤノヴィッツは2013年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト4へ進出。同年には自己最高の世界ランク14位を記録していた。

本戦には、第8シードの錦織圭杉田祐一がストレートイン。1回戦では、錦織がT・コキナキス(オーストラリア)、杉田が第25シードのS・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。






■関連ニュース■ 

・ダニエル太郎 死闘制し全仏本戦
・試合中、蜂に刺されるも優勝
・ダニエル太郎 中国で事故に遭う
(2017年5月28日22時47分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!