- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊達エキシビに報道陣20社以上

12日、愛媛県松山市にて開催されたエキシビションマッチ「伊予銀行 CHALLENGE MATCH」に、左膝の手術から約1年2カ月ぶりに登場した女子テニスで元世界ランク4位の伊達公子を見ようと、ファン約1,000人、マスコミ20社以上が駆けつけた。

この日、伊達は世界ランク77位の日比野菜緒と3セットのエキシビションマッチを行った。

第1セットの第1ゲーム、「緊張していた」と話す日比野のサービスを伊達がいきなりブレークに成功。しかし、中盤以降は緊張がほぐれ徐々に持ち味の鋭いストロークが決まりだした日比野に押されてこのセットを落とす。

続く第2セット、激しいラリーで3−3まで平行線をたどったが、日比野にリードを許して3−5に。第9ゲームでは日比野に2度のマッチポイントを握られるもしのぎきった伊達は、ブレークバックに成功してタイブレークへ突入。

最後は日比野に押されて2-6, 6-7 (2-7)のストレートで敗れるも、世界で戦う日比野と同等に戦える姿を見せ、その場にいる人々の期待感を仰いだ。

今回の復帰に伴い、伊達はヨネックスの新ラケット「ASTREL(アストレル)」を選んだ。この日、伊達は広いスウィートエリアで楽に飛ばせるこのラケットで、近年のスピード・パワーテニスに対抗する最新技術の性能をフルに発揮し、伸びのあるボールを打ち込んでいた。

現在46歳の伊達は、2016年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後、自身のブログで左膝半月板の内視鏡手術を受けることを発表。術後はツアー復帰へ向けてリハビリと練習を重ねていた。

試合後の記者会見で伊達は「左膝の手術からリハビリを経て、約1年2カ月ぶりに復帰し、このコートに立ててうれしく思います。今後は4月末に開催されるカンガルーカップに向けて調子を上げて、また皆さんの前で元気なプレーをお見せしたい」と笑顔で話した。

伊達は今後、4月30日から行われるカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(岐阜/ハードコート)で大会復帰予定となっている。






■関連ニュース■ 

・伊達公子 約1年2カ月ぶり実戦
・クルム伊達、錦織を称賛
・修造 伊達の本気度「1番強い」
(2017年4月13日20時54分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!