- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 全仏前の大会欠場

男子テニスで世界ランク4位のR・フェデラー(スイス)は2日に自身の公式サイトで、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の前に行われるクレーの全大会を欠場すると発表した。

>>マイアミOP対戦表<<

今後のスケジュールについて公式サイトには以下のように綴られている。

「健康で万全の体調だと感じると、今回のようなテニスをすることが出来る。だから、クレーコート・シーズンに休養をとることで全仏オープンへ向けて集中したい。その後、芝とハードコートのシーズンを万全な体調で迎えたいと思っている。また世界1位になれるとしたら素晴らしいことだけど、まだ道のりは長い」

フェデラーは2日に行われたマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)決勝で、長年のライバルであり友人でもあるR・ナダル(スペイン)にストレート勝ちして今季3勝目をあげ、3日に発表された世界ランキングでは錦織圭M・ラオニッチ(カナダ)を抜いて4位へ浮上した。

全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)、マイアミ・オープンで頂点に立ったフェデラーは、今シーズンの決勝戦で無敗。

マイアミ・オープンの決勝は、大会史上初の30歳以上同士の対戦だった。同時に35歳のフェデラーは大会史上最年長チャンピオンになった。

サービスが好調だったフェデラーは重要なポイントでもナダルを圧倒し、1度もブレークを許さなかった。

フェデラーが最後にマイアミ・オープンを制したのは2006年(5セットマッチ)で、その時は現在のコーチであるI・リュビチッチ(クロアチア)を下しての優勝だった。






■関連ニュース■ 

・フェデラー4位 錦織は7位へ
・フェデラーの目の前で破壊
・フェデラーとワウリンカの関係
(2017年4月3日17時03分)

その他のニュース

12月13日

来季引退のフェレールが出場へ (19時29分)

セリーナ「楽しみ」元日対戦へ (16時56分)

シャラポワ 最大の驚き語る (14時46分)

錦織 世界278位と2ショット (12時35分)

スカルTシャツ「カモ柄」登場 (12時13分)

野口と福田 2週連続で8強入り (11時16分)

ナダルとジョコ、激突なるか (7時54分)

12月12日

全豪OP地元出場かけ熱戦 (21時11分)

元10位 ガルビスの快進撃が選出 (19時40分)

ジョコらがCL観戦で興奮 (17時00分)

ロブレド受賞「力をくれる」 (15時05分)

野口と福田 快勝で2回戦へ (13時34分)

フェデラー撃破の下剋上が選出 (9時37分)

国枝慎吾が通算8度目の栄誉 (7時54分)

12月11日

チチパス 躍進が下剋上5選に (21時05分)

ナダル 故郷で練習、月末実戦へ (17時05分)

サーシャ氏、受賞の喜び綴る (15時57分)

西岡のツイートにATPが反応 (14時04分)

野口と福田 V狙い出場 (12時30分)

大坂のコーチ 最優秀賞を受賞 (10時21分)

12月10日

錦織直筆サインをプレゼント (21時12分)

全豪OPプレーオフが開幕 (20時13分)

西岡良仁、来年に向けて始動 (18時45分)

錦織 カリフォルニアで練習 (16時45分)

1st終了 三菱とイカイが全勝 (13時05分)

ティーム、フェレールらが出場決定 (11時47分)

連覇狙う橋本総業が全勝 (11時19分)

野口莉央、今季3度目Vならず (9時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!