- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 2年ぶり8強ならず

男子テニスのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、ハード、ATP1000)は3日、シングルス3回戦が行われ、第5シードの錦織圭は2本のマッチポイントを握るも完全アウェーに屈して、第11シードのJW・ツォンガ(フランス)に6-0, 3-6, 6-7 (3-7)の逆転で敗れ、2年ぶり2度目のベスト8進出とはならなかった。

>>BNPパリバ・マスターズ対戦表<<

この日、観客は地元のツォンガに声援を送る中、第1ゲームで錦織がダウン・ザ・ラインを決めて、いきなりブレークに成功。続く第3・5ゲームでもツォンガのサービスを破り、1ゲームも与えずに第1セットを先取する。

第2セットは第6ゲームでブレークを許すと流れがツォンガに傾き、セットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットでは再び調子を取り戻した錦織が第8ゲームで先にブレークに成功し、第9ゲームで2本のマッチポイントを握る。しかし、このチャンスを活かせずブレークバックされると主導権を握られ、逆転負けで3回戦敗退となった。

両者は今回が8度目の対戦で、錦織の5勝3敗。

錦織は2回戦で世界ランク28位のV・トロイキ(セルビア)をストレートで破り、5年連続の3回戦進出を果たすと同時に、2007年にプロ転向してからツアー300勝。前週のスイス・インドア決勝でM・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝を飾り、世界ランキングでは自己最高タイの4位へ返り咲いた。

また、錦織は11月13日に開幕するATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)に3年連続の出場が確定している。

今シーズンはメンフィス・オープンで大会初の4連覇を達成。マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)、ロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)の3大会では準優勝に終わった。

その後、リオデジャネイロ・オリンピックで日本勢96年ぶりとなる銅メダル獲得、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではベスト4へ進出した。

勝利したツォンガは、準々決勝で第4シードのM・ラオニチと対戦する。両者は今回が5度目の対戦で2勝2敗のタイ。ラオニチは3回戦で第16シードのP・クエバス(ウルグアイ)を逆転で下しての勝ち上がり。

ツォンガは2008年のパリ・マスターズ決勝で元世界3位のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)を破ってマスターズ初優勝、2011年はR・フェデラー(スイス)に敗れて2度目のタイトル獲得を逃した。前週のエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)では今シーズン初のツアー決勝進出を果たすも、A・マレー(英国)に敗れた。

また、「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)の上位8選手が出場出来るATPワールドツアー・ファイナルズへの出場の可能性が残されており、今大会で優勝することが条件。






■関連ニュース■ 

・錦織 通算300勝達成
・錦織らパリ組み合わせ発表
・錦織 ぶっちぎりの1位
(2016年11月4日6時40分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!