- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 通算300勝達成

男子テニスのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は2日、シングルス2回戦が行われ、第5シードの錦織圭が世界ランク28位のV・トロイキ(セルビア)を6-2, 7-5のストレートで下し、2007年にプロ転向してからツアー通算300勝を達成すると同時に、5年連続のベスト16進出を果たした。

>>BNPパリバ・マスターズ対戦表<<

2008年のデルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード)でツアー初優勝を果たし、これまで通算12大会で優勝している26歳の錦織は、前週のスイス・インドア(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)決勝で敗れるも準優勝を飾り、世界ランキングでは自己最高タイの4位へ返り咲いている。

この日は強烈なサービスを放つトロイキに対して鋭いリターンエースを決めるなどで第5・第7ゲームでブレークに成功し、第1セットを先取。

第2セット序盤はブレーク合戦となるも、錦織は第3・4ゲームを連取。その後、第6ゲームでブレークバックを許したが、第11ゲームで再びトロイキのサービスゲームを破り、自身へ流れを引き戻してストレートで勝利した。

両者は今回が6度目の対戦で、錦織の5勝1敗。2010年の楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)1回戦で敗れてから5連勝とした。

3回戦では、第11シードのJW・ツォンガ(フランス)とA・ラモス=ヴィノラスの勝者と対戦する。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で第4シードのM・ラオニチ、準決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する組み合わせ。

マスターズ初優勝を狙う錦織は今年のマイアミ・オープン(アメリカ/ マイアミ、ハード、ATP1000)とロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で決勝へ進出したが、いずれも世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れた。

昨年のパリ・マスターズではジョコビッチがマレーを下して3連覇を飾った。錦織はR・ガスケ(フランス)との3回戦で棄権した。






■関連ニュース■ 

・錦織らパリ組み合わせ発表
・錦織 自己最多シーズン55勝
・錦織 最後はダブルフォルト
(2016年11月2日20時26分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!