- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

18歳の綿貫陽介 飛躍の裏側

男子テニスで世界ランク704位、ジュニアランキングでは2位の18歳 綿貫陽介が4月にtennis365.netの独占インタビューに応じ、飛躍の年となった2015年を振り返った。

綿貫陽介は、長男の綿貫裕介、次男の綿貫敬介の末っ子で、今年からプロとして活動。1月にはプロサッカー選手 本田圭佑のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社と契約を締結した。

昨年は、全日本ジュニアテニス選手権の18歳以下男子シングルスで準優勝、全日本選手権では兄の綿貫裕介とのダブルスで見事優勝を飾った。その後も、10月のスーパージュニアテニス選手権大会でシングルス8強入り、ダブルスでは優勝するなど、まさに飛躍の年だった。



全日本ジュニア時の綿貫陽介



全日本選手権時の綿貫3兄弟


これまで1番苦労したことを綿貫に聞くと「僕が1番苦労した年が2015年。周りからは結果も出ていて、調子が良いと言われてた。けど、自分の中では凄く苦しいというか、もがき続けていた。」と答えた。

その理由を「去年からグランドスラムのジュニアに出場し始めて、フューチャーズにも出始めた。今までは自分が勝てて当たり前という状況で、最低でも決勝・ベスト4まで残りたいのが当たり前だった。けど、急にレベルが上がって1回戦勝つのがめちゃくちゃしんどかった。1つ勝つのがこんなに大変なのかと感じた。」

「勝っても次もまた強い相手がいて、優勝が凄く遠く感じる大会が何回もあった。その中で勝てない時期が続いたりとか、1回戦負けが続く時もあったので、自分の中の感覚が狂った。」

「逆に日本に帰ってきて、少しグレードを下げた大会に出て勝ってしまうと、自分は勝つとすぐに鼻の先が伸びていくタイプだったので、浮かれてしまうこともあった。その時は、コーチの兄が鼻の上をポキポキ折ってくれた。勝っていても、まだまだ先があるっていうのが染みついて、勝っても喜んでいる暇がないと感じました。」と常に上を目指していた。

綿貫はこの時、下部大会の筑波大学MEIKEIオープンとかしわ国際オープンで2週連続優勝を飾った直後のインタビューだった。

初優勝の時の心境を聞くと「初優勝だし、年齢も若い方だったので凄いねって言ってくれた。でも、周りを見ると僕の1つ上がめちゃくちゃ強い。T・フリッツ(アメリカ)は、僕と去年一緒の大会に出ていたのに、力の差を見せつけられているというか、錦織圭さんと一緒の舞台で戦っている。決勝で錦織さんと対戦しているのを見てしまうと遠いなと感じてしまう。」


かしわ国際OP時の綿貫陽介


「だから優勝しても、自分の中ではどちらかというと嬉しいというよりもほっとする。良いのか悪いのかは分からないですけど、やっと乗り越えられた、1つ終わったと捉えられるようになりました。」と国内での優勝だけではなく、世界を見据えていた。

同世代の選手が世界の舞台で活躍している姿を目の当たりにした綿貫だったが「同じところで戦っていた選手が、大舞台で活躍してくれたので、僕にとってはそこまでいけるチャンスがあると思えました。」と力強くコメント。

今後の課題については「昔に比べて戦うレベルが上がってきて、少し自分のテニスがディフェンシブになっているところが正直ある。もう少し自分から攻撃出来るようになりたい。」と飛躍を誓った。






■関連ニュース■ 

・綿貫陽介 本田圭佑の事務所と契約
・綿貫陽介、世界ジュニア2位に
・全日本 快進撃の綿貫兄弟がV
(2016年5月20日15時40分)

その他のニュース

9月18日

【速報中】大坂vsトモワ (17時09分)

土居/ 日比野組が初戦突破 (16時26分)

大坂らトップを支える職人技 (15時15分)

高温多湿に苦戦も初戦を突破 (14時22分)

フェデラー 東京五輪に言及 (12時39分)

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破 (11時22分)

ツォンガ 逆転勝ちで初戦突破 (10時33分)

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!