- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー ジョコ戦チャンスあり

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/ メルボルン、ハード)は大会最終日の31日、男子シングルス決勝戦で、第2シードのA・マレー(英国)は世界ランク1位で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

>>全豪オープン対戦表<<

マレーは全豪オープンで4度の決勝進出を果たしているも0勝4敗と一度も勝てておらず、その全ての敗戦はジョコビッチから味わっていた。

2012年の全米オープン、2013年のウィンブルドンに続くグランドスラム優勝を狙っている。今回はマレーにとって、9度目となるグランドスラムの決勝の舞台。しかし、これまではその2度しかチャンピオンになっていない。

しかし、マレー自身は過去にこだわってはいない。最高のプレーが出来れば、ジョコビッチを倒すチャンスはあるとマレー自身も感じている。

「多くの人は自分が勝つとは思っていないだろう。以前の敗戦は、単に1つのテニスの試合にすぎない。過去に何があったかなど、関係ない。」とマレーは、29日に行われたM・ラオニチ(カナダ)との準決勝後に語っていた。

決勝戦で対戦する二人は、ここまでの勝ち上がりでは1試合を除いて苦戦することなく勝ち上がってきていた。ジョコビッチは4回戦のG・シモン(フランス)戦、マレーは準決勝のラオニチ戦でフルセットへ持ち込まれる苦戦を強いられていた。

決勝戦へ向けて、ジョコビッチはマレーより1日多く休養が取れている。ジョコビッチはR・フェデラー(スイス)との準決勝が28日に行われた。加えて、29日のラオニチとの準決勝でマレーは、4時間を越える接戦を強いられ、試合が終わったのは深夜に及んでいた。

そんなマレーも、コーチのA・モレスモ(フランス)と18時間後には練習コートに立っていた。マラソン・マッチを戦った疲れなどを見せることはなかった。

「5セットを戦ったからといって、特に問題ではない。ノヴァーク(ジョコビッチ)もフルセットを戦った後に、6時間にも及ぶ決勝戦を戦い抜いたこともあったほど。接戦が続いても、それに勝ちきれることは可能なこと。」と、フルセットの準決勝後の疲労は問題がないことをアピールしていた。

(STATS - AP)

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・全豪決勝 ジョコビッチvsマレー
・妻の出産控えるマレー決勝へ
・錦織ジョコ並み 人気急上昇
(2016年1月31日12時55分)

その他のニュース

10月23日

【告知】錦織vsティアフォー (19時12分)

ワウリンカ棄権、今季終了へ (18時03分)

MP握られる崖っぷちから勝利 (16時46分)

メルツァー 2年ぶり本戦勝利 (15時57分)

チリッチ勝利 ワウリンカ棄権 (13時49分)

大坂 敗戦も「何も後悔ない」 (11時21分)

錦織 最終戦10位 イズナー9位 (11時00分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!