- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織の勝ちにいったテニス

2時間で勝利、完璧だった錦織圭JW・ツォンガ(フランス)戦、それに対してN・ジョコビッチ(セルビア)の4回戦G・シモン(フランス)戦は4時間35分かかりボンミスの数も100を越えた。

>>全豪オープン対戦表<<


錦織とジョコビッチ


その対照的な二人の試合を見たら誰でも錦織が勝つのではないか?と期待が上がる。

その可能性を一番感じていたのは錦織だっただろう。


バックハンドの錦織


見応えのあるラリー戦が続く。


バックハンドのジョコビッチ


錦織のサーブで40−0、3−3となるであろうと思えたが、そこからドロップ・ショットのミスなどもありデュースにしてしまい、そして最後はダブルフォルトで錦織がサービスキープに失敗する。


悔しい表情の錦織


「出足は良かった。あのゲームをキープしておいたら・・・。」と錦織は悔やむ。

そこからはいつもだったらミスしないボールもラインを割る。プレーが単調にもなった。
対照的にジョコビッチのプレーは安定しだす。デイフェンスに隙がない。

「自分の力を出し切れなかったのが、悔しい」と錦織。


試合後、会見時の錦織


しかし錦織のテニスは、昨年のUSオープン1回戦、マッチポイントを握りながらのまさかの敗退以来、勝つ事を怖がっていたが、今は完全に自分のテニスを取り戻している。

世界一強いジョコビッチを本気にさせるほどに。


ガッツポーズのジョコビッチ


勝ちにいったテニス、悔いもあるだろうがこれから期待できる錦織の挑戦だった。


会場を去る錦織






塚越亘 ジャーナリスト。1973年から雑誌などに寄稿。90年代には「TENNISJapan」というFAX新聞を発行し、試合結果速報や松岡修造、クルム伊達公子らの直筆コメントなどを掲載した新聞を発行。テニスの報道における草分け的存在。
【塚越亘ブログ】

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<



■関連ニュース■ 

・ジョコ 観客から指摘される
・別人ジョコ 驚異の修正力
・修造「圭、大チャンスだった」
(2016年1月27日11時58分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!