- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

竜馬 元8位に敗れるも粘り

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は19日、男子シングルス1回戦が行われ、予選勝者で世界ランク125位の伊藤竜馬(日本)は同じく予選を勝ち抜いた同82位のR・シュティエパネック(チェコ共和国)に4-6, 3-6, 7-6 (7-5), 2-6で敗れ、2回戦進出とはならなかった。

>>全豪オープン対戦表<<

この試合、第1・第2セット共に2度のブレークを許し、2セットダウンに追い込まれた伊藤。タイブレークまでもつれた第3セットは粘りを見せてセットカウント1−2とするも第4セットは力尽き、3時間16分で初戦敗退となった。

伊藤のグランドスラム最高成績は2012・2013年の全豪オープン、2014年の全米オープン2回戦。今大会は予選を勝ち抜いて本戦出場を決めていた。

一方、勝利した元世界ランク8位のシュティエパネックは2回戦で、第4シードのS・ワウリンカ(スイス)D・ツルスノフ(ロシア)の勝者と対戦する。

今大会には総勢9名の日本人選手が本戦に出場しており、錦織圭(日本)奈良くるみ(日本)大坂なおみ(日本)は2回戦進出を決めたが、西岡良仁(日本)杉田祐一(日本)日比野菜緒(日本)土居美咲(日本)は初戦で敗退した。ダニエル太郎(日本)L・ロソル(チェコ共和国)と1回戦で対戦する。






■関連ニュース■ 

・伊藤竜馬 2年連続の本戦入り
・西岡 全豪初勝利お預け
・奈良 錦織に続き初戦突破
(2016年1月19日19時22分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!