- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

苦戦 錦織「最後は良かった」

男子テニスツアーのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、ハード)は4日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク7位で第6シードの錦織圭(日本)は同32位のJ・シャーディ(フランス)を7-6 (7-4), 6-7 (6-8), 6-1のフルセットで下し3回戦進出を決めた。試合後のインタビューで錦織は試合を振り返った。

>>パリ・マスターズ対戦表<<

GAORAの中継で、試合後に「最後は特に良かったと思います。」と錦織。

センターコートの第1試合に行われた錦織の初戦。第1・第2セットはいずれもタイブレークとなる接戦だった。

「序盤は硬さも少しあって相手のサーブが良かったので、なかなかブレークポイントを取れなかったのが少しずつプレッシャーに変わっていった。」と話したように、シャーディの強烈なサービスに圧倒されブレークチャンスを掴んでもしのがれる場面もあった。

第1セットを先取するも、第2セットを落とした錦織は「セカンドを取られて、それでも耐えてファイナルは集中出来たので、力強く終われたと思います。」と語った。

ファイナルセットでは、集中し直した錦織が3度のブレークに成功。その後もシャーディを寄せつけず、2時間25分の接戦を制し3回戦へ駒を進めた。

ラケットチェンジのタイミングについて問われると「結構速いコートが多いんですけど、ここは珍しく凄く遅いコートなので、少しテンションが合わなかったり、飛び過ぎたりしたのがあった。少し固めにするために張り替えるのが多かったです。」と錦織。

また、先日出場権を獲得したツアー・ファイナルへ向けては「全体的に思い切りのあるプレーと、サーブがもう少し入ってくれれば、セカンドを叩かれたりも減ると思う。」

「ここもそうですし、ロンドン(ツアーファイナル)も凄い遅いハードコートなので、それに対してしっかり作戦を立てて、コートに合ったテニスをしっかり出来るようにしたいと思います。」と、意気込みを述べていた。

勝利した錦織は、3回戦で第10シードのR・ガスケ(フランス)L・マイェール(アルゼンチン)の勝者と対戦する。もしガスケが勝ち上がった場合、両者は6度目の対戦。錦織は過去5試合で1度も勝てておらず、今まで1セットしか取れていない苦手な相手との対戦となる。

(コメントはGAORAから抜粋)


■関連ニュース■ 

・錦織 フェレールに抜かれる
・錦織 反省「気持ち強すぎた」
・錦織 最終戦出場に「興奮」
(2015年11月4日22時01分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!