- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

初Vペネッタ 突然の引退宣言

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は12日、女子シングルス決勝が行われ、第26シードのF・ペネッタ(イタリア)がノーシードのR・ビンチ(イタリア)とのイタリア勢対決を7-6 (7-4), 6-2のストレートで制し、四大大会初優勝を飾った。グランドスラム49回目の挑戦で初のタイトルを獲得したペネッタは、表彰式で涙ぐみながら突然の引退宣言をした。

>>全米オープン対戦表<<

WOWOWの中継で「夢が叶った。」と優勝の喜びを語り「この大会の1カ月前、私は大きな決断をした。テニスにお別れを言いたいと思う。」と引退について明かした。

最後に「これが最後の全米オープン。私は本当に幸せです。」とペネッタ。

決勝戦、ペネッタは強烈なストロークを武器に28本のウィナーを決め、ビンチのサービスゲームでは11度のブレークチャンスから4度のブレークに成功し、1時間33分で優勝を決めた。

イタリア人としては2010年の全仏オープンで優勝したF・スキアボーネ(イタリア)以来5年ぶりのグランドスラム制覇となった。

ペネッタは今回の優勝でキャリア通算11勝目。世界ランキングでは2009年の10位が自己最高位だった。

また、決勝戦にはペネッタの恋人である男子テニス世界ランク32位のF・フォニュイーニ(イタリア)が観戦していた。フォニュイーニは今大会3回戦でBIG4のR・ナダル(スペイン)に2セットダウンからの大逆転勝利をおさめてベスト16へ進出した。

一方、準優勝のビンチは、準決勝で年間グランドスラム達成を狙っていた第1シードの女王S・ウィリアムズ(アメリカ)を逆転で破る番狂わせを演じ、四大大会初の決勝進出を果たしていた。

(引用元WOWOW)

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・セリーナ敗退でチケット暴落
・セリーナ まさかの準決勝敗退
・フェデラー、セリーナを激励
(2015年9月13日6時37分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!