- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 会場変更に不安視

先週開催されていた男女共同開催のBNLイタリア国際は、男子はN・ジョコビッチ(セルビア)、女子はM・シャラポワ(ロシア)の優勝で幕を閉じたが、大会主催者は大会会場となっている歴史のあるフォロ・イタリコからローマの主要空港近くの別の場所へ会場を変更したい意向がある事を公にした。

会場の施設に余裕がなくなって来たのと同時に、観戦希望者の増加に伴いチケットの需要も増した事が主な理由となっている。

イタリア・テニス協会のアンジェロ・ビナギー会長は「もうこの場所は小さ過ぎる。テニスへの強い思いが、この大会がイタリアでの最大のスポーツ・イベントへと成長させている。」と日曜日に大会会場で行われた会見で語っていた。

メイン・スタジアムで2010年に建設されたフォロ・イタリコ・スタジアムは10,500人収容可能だが、今となってはそれでは足りないとビナギー氏は加えていた。

今年の総集客数は、最終日の日曜日で20万人を越えると見込まれており、これは昨年の17万5000人を越え、チケットの売り上げでも1000万ユーロ(約1100万ドル、約13億5000万円)となり、これは2014年から23パーセントも増額した。

もしローマが、2024年のオリンピックに立候補するとしたら、全く新しい試合会場とナショナル・トレーニング・センターの建設をビナギー氏は提案しており、それはオリンピックでも使用されるであろうレオナルド・ダ・ビンチ空港の近くに建設する事を望んでいる。

「そう夢見ているのは素晴らしい事でもあり、それが2024年のオリンピック招致へ繋がってくれて、この大会もそれに見合うような場所になってくれたらと願っている。」とイタリア・オリンピック委員会のカルロ・モルナティ事務局長もコメントしていた。

大会はイタリア・テニス協会と、イタリア・オリンピック委員会とによって運営されている。

メイン・スタジアムはイタリア・オリンピック委員会によって建設されたが、当初は更に2000から3000席が加えられる予定であり、そうなれば今のニーズもまかなえる物になっていたかも知れない。そしてスタジアムに屋根を付ける約束も交わされていた。

「毎年、何らかの打開策を練ってきたが、その限度を越えてきてしまった。」とビナギー氏は、イタリア・オリンピック委員会のジオバンニ・マロゴ会長とも話し合いを持ってきた事を明かした。

ビナギー氏は「我々はイタリア・オリンピック委員会との関係を解消するべきか、続けるべきか考える必要がある。」と、率直な気持ちも語っていた。

男子シングルス決勝でジョコビッチに敗れ準優勝に終わったR・フェデラー(スイス)も、近年観客などの増加で会場の狭さが問題になっている全仏オープンなどの歴史のある大会の状況と形容させていた。

「大きな会場へ移動する事が常に賢い選択かどうかは自分でも分からない。」と、フェデラー。

「ただ、テニスと言う競技が良い方向へ向かっているのは素晴らしい事だと思う。毎週訪れる大会で、観客動員数の新記録を見ているし、それを見られるのは気持ちの良いもの。ただ心配なのは、あまりにも大きくなりすぎてしまうと、大会自体の質がどのようになるのか不安になってしまう。」

「この大会や全仏オープン、それにマイアミ大会のような親密でアットホームな大会だからこそ、喜びを感じるものなのかも知れない。誤解しないでもらいたいが、発展にも賛成してはいるが、歴史もここにあるんだ。」と、自身の思いも加えていた。

ビナギー氏の発言は、近年続いている市議会との確執の一部とされる政治的な動きではないかと見られてもいる。

「時にはプレッシャーを払拭したいと願う事がプレッシャーにもなりえるし、政治家に対して“場合によっては移動する準備も出来ているんだ”と言う意思表示なのかも知れない。まだスペースはあるように思えるから、この場所で何か出来るのではないか。」と、フェデラーはコメントを続けていた。

「この大会は大好きです。特別な大会。なぜなら、歴史を感じられるからです。」と語るのは女子シングルスで3度目の優勝を果たしたシャラポワで、新古典派の彫像で囲まれた魅力的なピエトハンジェリ・コートについてコメントしていた。


■関連ニュース■ 

・フェデラー「ジョコ強すぎた」
・2連覇ジョコビッチ「嬉しい」
・シャラポワ 2時間半超えで優勝


■最新ニュース■ 

・錦織らトップ陣が変動
・錦織 わずか10ポイント差で5位
・BNLイタリア国際 男子ドロー
(2015年5月18日13時38分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月22日

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

【動画】世界2位アルカラス撃破!ドレイパー勝利の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!