- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セルビア 逆転勝利で8強王手

男子国別対抗戦であるデビスカップのワールドグループ1回戦は6日に初日を迎え、V・トロイキ(セルビア)B・コリッチ(クロアチア)を4-6, 1-6, 6-3, 6-2, 6-1の逆転で下し、N・ジョコビッチ(セルビア)に続く勝利を飾りセルビアがクロアチアから2勝0敗とリードした。ジョコビッチは第1試合でM・デリッチを6-3, 6-2, 6-4で下していた。

セルビアのクラリェボのインドア・ハードコートで行われているこの戦い、土曜日にはダブルスが行われ、セルビアのトロイキ/ N・ジモニッチ(セルビア)組がクロアチアのM・ドラガニャ/ F・スクゴール組と対戦し、早くもセルビアの勝利を狙う。

この対戦、クロアチアは昨年の全米オープン・チャンピオンのM・チリッチ(クロアチア)を怪我で欠いているため、18歳で延び盛りのコリッチをエースにセルビアに挑んでいる。試合はコリッチのペースで始まり2セットを連取したが、痙攣を起こしたコリッチは明らかにプレーのレベルが下がりトロイキが逆転に成功した。

「最初の2セットは彼(コリッチ)のプレーに対してどうして良いのか分からなかった。」とトロイキ。「経験は自分の方があるのは分かっていた。そして何とか徐々にリズムを掴んで自分のプレーが出来るようになっていった。」と語るトロイキは、ドーピング違反により1年間の出場停止処分が明け復帰を果たしていた。

セルビアとクロアチアはかつてはユーゴスラビアとして同じ国として戦っていたが、1990年代の戦いを潜り抜けて独立を果たしてからこれが2度目の対戦となる。

最初の対戦となった2010年の準々決勝では、クロアチアのスプリットで試合が行われたが、ジョコビッチ率いるセルビアが勝利を飾るとその後も勝ち上がり、その年に初優勝を飾った。セルビアは今年はその年に続く2度目の優勝を狙う。クロアチアも2005年にデビスカップを制している。

元ユーゴスラビアだったセルビアとクロアチアとの関係は未だに熱いものがあるが、セルビアのクラリェボへ訪れたクロアチア・チームは、セルビアからの温かい歓迎に驚きを隠せなかった。

デリッチは「観客の皆さんには感謝します。嬉しい驚きです。我々の国歌の後にも大きな拍手を受けました。」と、歓迎された気持ちを語っていた。

ジョコビッチも「戦争の傷跡はまだ生々しいにも関わらず、こんな温かい歓迎はなかなか見ることが出来ない。」と、この日の会場の雰囲気に喜びを表していた。


■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ「特別なライバル」
・セルビアが逆転で初優勝
・コリッチ「幸運が転がり込んだ」


■最新ニュース■ 

・錦織勝利 日本1勝1敗
・伊藤 ラオニチに完敗
・錦織 カナダ戦単2試合出場


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月7日12時10分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!