- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田豪 鈴木貴男下し優勝

14日、「空旅 .com HEAT JAPAN(スーパーエキシビションマッチ)」がMTSテニスアリーナ三鷹で行われ、添田豪(日本)守屋宏紀(日本)西岡良仁(日本)内山靖崇(日本)鈴木貴男(日本)が出場し、満員で行われたセッション4に行われた決勝では、3勝の添田豪と2勝1敗の西岡良仁・鈴木貴男チームから鈴木貴男が出場し対戦した。

試合序盤、両者サービスキープが続くが、鈴木がサービスの第6ゲーム、40-0から添田が巻き返し、40-30から2本連続リターンエースを決め、最後のポイントではネットにつめる鈴木に対しフォアの逆クロスで抜き、1度のブレークチャンスでブレークに成功。

第8ゲームでも15-30の場面で2本連続リターンエースを決め優勝を果たした。

この日も鈴木は鮮やかなサービス&ボレーで会場を沸かし、終盤はセカンドサービスでもネットにつめ積極的な攻撃を見せたが、添田のリターンやパッシングショットの前に敗れた。

勝利した添田は「決勝は特にリターンがよかったです。(チャレンジャー優勝など)いい締め括りができたので、来年に向けて勢いがつきました。2日間沢山の方からの応援ありがとうございました。来年全豪本戦があるので応援よろしくお願いします。」と話した。

勝利した添田豪

敗れた鈴木は「ありがとうございました。(添田豪が)強かったね。過去いろんな選手と20年対戦してきましたが、今日の添田選手のリターンと動き、サービスのコントロールなど今はランキング100位ですが、そのレベルの選手ではありません。」と勝利した添田を称えるコメントした。


敗れた鈴木貴男

試合中は鍋島昭茂氏の実況と増田健太郎(日本)コーチ、試合出場していない選手の他に、全日本選手権で優勝した江口実沙(日本)関口周一(日本)、全日本選手権ベスト4の斉藤貴史(日本)神尾米(日本)氏、谷澤英彦氏らも訪れ、会場を沸かせた。

このイベントは13、14日と2日間行われ、1日2セッション合計4セッション行われ、上位2名がセッション4で行われる決勝に進むことができる。

1位は添田豪、2位は西岡良仁・鈴木貴男、3位は内山靖崇、4位は守屋宏紀となった。

2位の西岡良仁


2位の鈴木貴男


3位の内山靖崇


4位の守屋宏紀

全ての試合が終了後に表彰が行われ、その後には選手のサイン入りグッズプレゼント抽選会が行われた。

決勝の前には斉藤貴史/ 大前綾希子(日本)組と関口周一/ 江口実沙組のミックスダブルスが行われ、斉藤/ 大前組が7-2で勝利した。


ミックスダブルスの模様

また当初、杉田祐一(日本)が出場を予定していたが怪我のため欠場、代わりに西岡良仁と鈴木貴男がチームとなり出場。西岡が1・3セッション、鈴木が2・4セッションに出場した。


■選手関連ニュース■ 
・3位は内山、4位は守屋に決まる
・鈴木貴男 添田豪に惜敗
・西岡 緊急参戦も勝利飾る


■最新ニュース■ 
・全豪OP 本戦エントリーが決定
・フェデラーチーム 敗れるも優勝
・堀江亨と島袋将が決勝進出


■最新動画■ 
・最終戦で6度の優勝を誇るフェデラー
・名勝負が繰り広げられた最終戦
(2014年12月14日19時58分)
  • コメント -

    その他のニュース

    11月17日

    【告知】ティームvsチチパス (20時02分)

    フェデラー「今シーズン満足」 (16時59分)

    チチパス決勝へ「夢が叶った」 (15時28分)

    元世界4位ベルディヒ引退 (11時09分)

    フェデラー「素晴らしい選手」 (10時05分)

    ティーム 最終戦初の決勝へ (7時30分)

    フェデラー 決勝進出ならず (1時19分)

    【1ポイント速報】ATP最終戦の準決勝 (1時00分)

    11月16日

    ジョコとナダルの敗退に驚き (15時36分)

    雄叫びズベレフ 決勝T進出 (13時01分)

    ナダル「苦労たくさんあった」 (12時05分)

    ナダル「できる限り全てやった」 (11時44分)

    ナダル 2勝1敗で予選敗退 (7時59分)

    11月15日

    【1ポイント速報】ATP最終戦 予選RR (19時33分)

    日比野と奈良は4強ならず (19時28分)

    ブライアン兄弟 全米で引退 (18時49分)

    ティーム破り最終戦初勝利 (16時48分)

    フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

    ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

    ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

    フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

    フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

    11月14日

    奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

    松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

    「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

    「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

    チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

    ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!