- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全日本選手権の出場者決まる

11月2日(日)から本戦が開幕する国内テニスツアーの橋本総業全日本テニス選手権(東京/有明コロシアム、ハード)の男子シングルスに出場する選手が発表された。

本戦出場選手26名は以下の通り。

1、杉田祐一(日本)
2、内山靖崇(日本)
3、仁木拓人(日本)
4、吉備雄也(日本)
5、松井俊英(日本)
6、関口周一(日本)
7、竹内研人(日本)
8、近藤大生(日本)
9、綿貫裕介(日本)
10、井藤祐一(日本)
11、小ノ澤新(日本)
12、斉藤貴史(日本)
13、菊池玄吾(日本)
14、佐藤文平(日本)
15、志賀正人(日本)
16、江原弘泰(日本)
17、片山翔(日本)
18、奥大賢(日本)
19、小山慶大(日本)
20、長尾克己(日本)
21、一藤木貴大(日本)
22、後藤翔太郎(日本)
23、ロンギ正幸(日本)
24、鈴木昂(日本)
25、近藤大基(日本)(WC)
26、森田直樹(日本)(WC)

となっている。

慶應義塾大学の近藤大基と、関西大学の森田直樹は主催者推薦枠で出場という形となり、残りは主催者推薦枠が2枠、予選勝ち上がりが4枠となった。

本戦入り4枠をかけて、予選は10月31日から11月2日に行われる。

昨年の同大会では、決勝で伊藤竜馬(日本)西岡良仁(日本)を下して大会初の優勝を飾っている。

《昨年同大会の記事はこちら》


■関連記事■ 

・18歳の西岡が初出場で決勝進出
・19歳の穂積が初優勝
・1位は1020本のサービスエース
・22歳内山靖崇 僅差で敗れる
・金獲得の西岡良仁 本戦逃す


■関連動画■ 

・ワウリンカvsラオニチ【モンテカルロ・マスターズ】
・フェデラーvsツォンガ【モンテカルロ・マスターズ】
(2014年10月16日21時57分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月28日

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!