- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 ファイナルセットへ

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は5日、シングルス決勝が行われ、第4シードの錦織圭(日本)と第3シードのM・ラオニチ(カナダ)という、2012年同大会決勝と同じカードとなったこの試合は7-6 (7-5), 4-6とし、錦織は2年ぶり大会優勝、そしてキャリア初の2週連続優勝に向け、ファイナルセットに突入した。

錦織は第1セットを終え、右臀部のマッサージを受け第2セットに臨んだ。

第2セットに入り、錦織は第7ゲームでブレークを許し第2セットを42分で落とした。

両者は5度目、今年4度目の対戦となり、これまでの対戦成績は3勝1敗と錦織が勝ち越している。

初対戦は2012年同大会の決勝で錦織が7-6 (7-5), 3-6, 6-0のフルセットの末に勝利し、大会初の優勝を飾った。

2度目の対戦は今年5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン男子3回戦、錦織は2度のタイブレークを制し、7-6(7-5), 7-6(7-5)で勝利した。

3度目の対戦はウィンブルドン4回戦、第1セット先取するも6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6の逆転で敗れ、ラオニチに初めて敗北を許す。

4度目は全米オープン4回戦、4時間19分の激戦を制し4-6, 7-6(7-4), 6-7(6-8), 7-5, 6-4の逆転で勝利した。

錦織は先週優勝を果たしたマレーシア・オープンから連戦となり、疲労の蓄積からか右臀部の痛みが発生し、準々決勝と準決勝では試合中にマッサージを受けている。

内山靖崇(日本)と組み出場していたダブルスでは準々決勝を前に棄権し、シングルスに専念し優勝を狙う。

ラオニチは今大会、自身のサービスゲームを1度もブレークされる事無く、1セットも落とさずに決勝に進んでいる。

また、錦織は11月に行われるATPワールドツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、ハード)出場に向け、最終戦出場ランクを6位としている錦織は、1つでも多くの勝利が必要となる。




■関連記事■ 
・錦織 2週連続Vに王手
・錦織 2週連続Vの壁はラオニチ
・錦織「最後の力を振り絞る」
・錦織「決勝、優勝と目指す」
・ラオニチ 3年連続の決勝進出


■関連動画■ 
・錦織 圭vsガスケ【シティ・オープン男子準々決勝】
・錦織 圭vsクエリー【シティ・オープン男子2回戦】
(2014年10月5日15時41分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!