- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】ダニエル太郎 ラオニチに善戦

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は25日、男子シングルス1回戦が行われ、ダニエル太郎(日本)は第5シードのM・ラオニチ(カナダ)に3-6, 2-6, 6-7 (1-7)のストレートで敗れ、同大会初出場で予選を勝ち進み本戦出場を決めたダニエル太郎は2回戦進出を逃した。

この試合、ダニエル太郎はストローク戦に持ち込みポイントを獲得し、ラオニチはビッグサーブ、サービスからダニエル太郎を崩しポイントを獲得するという展開となり、ダニエル太郎は第1セット第9ゲームの1ポイント目までラオニチのサービスゲームでポイントを取れず、ブレークチャンスが訪れず、第8ゲームでラオニチの回り込んだフォアのアプローチショットが決まりブレークを許す。

第2セット、ダニエル太郎は第4ゲームから5ゲーム連取されるも、第8ゲームで初めてブレークチャンスが訪れるも活かせず、このゲームをラオニチがキープし第2セットも落とす。

第3セットもダニエル太郎は先にブレークを許す展開となるが、第10ゲームで初めてラオニチからブレークに成功する。

その後、両者サービスキープしタイブレークに突入するとダニエル太郎は1ポイント目でフォアハンドをネットにかけ、ラオニチのリードで進むと第4ポイント目もミニブレークを許し、マッチポイントの8ポイント目をラオニチがフォアハンドのウィナーを決め1時間55分で敗れた。

両者は初対戦となり、勝利したラオニチは2回戦でB・ベッカー(ドイツ)を2-6, 4-6, 2-6で下したP・ゴヨブジク(ドイツ)と対戦する。

ダニエル太郎は今年の全豪オープンからグランドスラムの予選に出場するようになり、全豪オープン予選では3回戦、全仏オープン予選は1回戦、ウィンブルドン予選では1回戦敗退としていたが全米オープンで予選を突破し、初の本戦出場を決めた。

またダニエル太郎のほかに日本勢から本戦に出場しているのは第10シードの錦織圭(日本)伊藤竜馬(日本)西岡良仁(日本)の4選手が出場している。

《ダニエル太郎 GS初の本戦出場の記事はこちら》




■関連記事■ 

・ダニエル太郎vsラオニチが登場
・18歳西岡良仁の活躍に注目
・キリオス 1回戦でシード撃破
・フェデラー 全米に向け自信増す
・ジョコビッチ「もう元に戻った」


■関連動画■ 

・”マッチポイントから逆転する秘訣”
・イズナーが見せた意外性のあるプレー
(2014年8月26日8時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!