- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田豪「ここ最近では1番悔しい負け」

先日行われた男子テニスツアーの下部大会である慶應チャレンジャー国際テニストーナメント(日本/神奈川県、ハード)で準優勝を飾った添田豪(日本)が、自身の公式ブログで大会を振り返った。

第3シードで出場した添田豪は1回戦で内田海智(日本)、2回戦でC・ブキャナン(アメリカ)、準々決勝でM・キウディネッリ(スイス)、準決勝で第6シードのPH・ハーバート(フランス)を下し、5年ぶりに決勝進出を果たした。

しかし、決勝では第1シードのM・エブデン(オーストラリア)に6-2, 6-7 (3-7), 3-6の逆転で敗れ、優勝を飾る事は出来なかった。

「幾度となくチャンスはありましたが、結局勝つ事が出来ませんでした。非常に悔しいです。」

「最後の詰めのところで感情をコントロールすることが出来ずに最後まで引きずってしまいました。ここ最近では1番悔しい負けです。先週の体調の状態を考えれば決勝まで来た事は満足なのですが、今日の試合だけを振り返ると満足しきれない部分があります。」

現在行われているダンロップ・ワールド・チャレンジ・テニス・トーナメントに第2シードで出場する添田豪は、1回戦でM・パヴィチ(クロアチア)と対戦する。

「気持ちを切り替えてというか今年最後の大会なので全てぶつける覚悟で頑張って来ます。」


■関連記事■

《添田が逆転負けで準優勝<慶應チャレンジャー国際テニストーナメント>》

《「日本を背負う重い舞台」乗り越えた添田豪<デビスカップ>》

《男になった添田豪、ワールドグループ復帰「チームに助けられた」<デビスカップ>》

《添田豪、疑惑の判定に泣く<全米オープン>》


■関連動画■

《決勝でフェデラーvsデルポトロが激突!ATP男子ツアーマガジン Vol.195》

《秘蔵映像!フェデラーがボールボーラー!?ATP男子ツアーマガジン Vol.195》

《「ベビー・フェデラー」と呼ばれる22歳ディミトロフが念願の初優勝!ATP男子ツアーマガジン Vol.194》

《フェデラーが不調に陥った原因を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.193》

《トップ10入り目指す錦織特集!世界が驚く活躍に迫る!ATP男子ツアーマガジン Vol.192》

(2013年11月19日16時35分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!