- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

19歳の尾崎里紗、初のツアー本戦は2回戦に終わる<タシケント・オープン>

女子テニスツアーのタシケント・オープン(ウズベキスタン/タシケント、賞金総額23万5千ドル、ハード)は11日にシングルス2回戦8試合を行い、第1シードのB・ヨバノフスキ(セルビア)土居美咲(日本)を6-2, 7-5のストレートで下しベスト8進出を決めた。

奈良くるみ(日本)も1回戦でヨバノフスキと対戦していたがストレートで敗れ、女子日本勢は第1シードの壁を崩すことは出来なかった。

優勝候補筆頭のヨバノフスキは、準々決勝で第7シードのG・ウォスコボエワ(カザフスタン)と対戦する。ウォスコボエワはこの日、J・グラスコ(イスラエル)を6-3, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。

今大会WTAツアー初の本戦入りとなった19歳の尾崎里紗(日本)もこの日に2回戦を行ったが、N・ボルネット(イタリア)に4-6, 6-3, 6-7 (4-7)となる接戦の末に敗れ、悔しい2回戦敗退となった。

ITFサーキットを中心に活動を続けていた尾崎里紗は、昨年プロ転向をしたばかりながらHEAD japanと契約を交わすなど、若手選手として期待が集まっている。その後は着実にポイントを稼ぎ、8月には世界ランクをトップ200位内とした尾崎里紗、全米オープン予選1回戦でC・ジョルジ(イタリア)にストレートで敗れるも、グランドスラム初挑戦という経験も大きな糧となっている。

今大会で尾崎里紗は、予選2試合を勝ち抜き、本戦1回戦では同じく予選を勝ち抜いたK・コズロワをストレートで撃破、初めてのWTAツアー本戦を白星で飾っていた。

プロ転向、スポーツメーカーとの契約、トップ200ランクイン、グランドスラム予選初出場、WTAツアー初勝利と、大きな成果ではないものの、この1年で確実に成長を見せている尾崎里紗は、来シーズンにもその活躍に期待をしていきたい。

■関連記事■

《期待の若手、内田・尾崎がHEADと使用契約》

《シャラポワ転落、尾崎里紗はトップ200の壁超える<世界ランキング>》

《奈良くるみ、全米後は黒星スタート<タシケント・オープン>》

《土居美咲、敗れるも世界10位と互角の打ち合い披露<全米オープン>》

この日行われた試合結果は以下のとおり。

Y・モイスバーガー(オーストリア)(3) vs. ●P・ツェトコフサ(チェコ共和国), 7-5, 6-4
○G・ウォスコボエワ(7) vs. ●J・グラスコ, 6-3, 6-1
I・C・ベグ(ルーマニア)(6) vs. ○M・トッロ=フロール(スペイン), 1-6, 5-7
D・ヴェキッチ(クロアチア)(4) vs. ○O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ), 6-7, 3-6
A・カダントゥ(ルーマニア)(5) vs. ●N・キチェノク, 6-1, 6-3
V・ドロンチ(セルビア) vs. ○M・ミネッラ(ルクセンブルグ), 6-4, 4-6, 3-6
○B・ヨバノフスキ(1) vs. ●土居美咲, 6-2, 7-5
○N・ボルネット vs. ●尾崎里紗, 6-4, 3-6, 7-6

(2013年9月12日11時16分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!