- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダブルスも敗れたブレイク、現役引退へ<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は29日、男子ダブルス1回戦が行われ、J・ブレイク(アメリカ)/ J・ソック(アメリカ)組は第2シードのA・ペヤ(オーストリア)/ B・ソアレス(ブラジル)組に6-4, 2-6, 2-6の逆転で敗れ、2回戦進出とはならなかった。この結果により、今大会限りで現役引退を表明していた33歳のブレイクは14年間のテニス人生に幕を下ろした。

この試合、ブレイク/ ソック組はペヤ/ ソアレス組に4度のブレークを許し、1時間43分で敗れた。

現地26日に33歳のブレイクは会見で今大会を最後に現役を引退すると表明。そして28日のシングルスに登場したブレイクは、1回戦で予選から勝ち上がったI・カルロビッチ(クロアチア)に2セットアップとするも3時間24分の大接戦の末に敗れ、シングルスでのテニス人生に終止符を打った。

1999年にプロへ転向したブレイクは、キャリア通算10度のツアー優勝を飾り、世界ランキングで2006年の11月に自己最高の4位までのぼりつめた。また、ダブルスでは6度のツアータイトルを獲得していた。

近年、P・サンプラス(アメリカ)(2003年)、A・アガシ(アメリカ)(2006年)、A・ロディック(アメリカ)(2012年)らアメリカ勢は地元全米オープンを最後に現役を引退している。

一方、今大会に第11シードで出場した錦織圭(日本)がツアー初優勝を飾ったデルレイビーチ国際テニス選手権での決勝の相手はブレイクだった。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《33歳ブレイクが14年間のシングルス人生に幕「ありがとう」<全米オープン男子>》

《元世界4位ブレイクが引退表明「全米が最後の大会」<全米オープン>》

《ロディック「この大会で最後にすることを決断しました」◇全米オープン》

《アメリカテニス界を牽引したロディック涙、「何から言おう」◇全米オープン》

《突然引退のバルトリ「プロテニス人生に幕を閉じる時」》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《存在感抜群の大器「デル=ポトロ」が復活!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!長身2m対決!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》
(2013年8月30日11時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!