- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

土居美咲、敗れるも世界10位と互角の打ち合い披露<全米オープン>

女子テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は27日、女子シングルス1回戦が行われ、土居美咲(日本)が第7シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)に2-6, 6-3, 1-6のフルセットで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

この試合、第1セットを落とした世界ランク92位の土居美咲は、第2セットに入ると同10位のクヴィトバに対し互角のラリー戦を展開し、セットカウント1−1とする。

しかし、第3セットはトップ10の力を発揮するクヴィトバとは対照的に、土居美咲は第2セットの勢いは失い、1時間55分で敗れた。

ウィナーの数は土居美咲の15に対し、クヴィトバは29だった。

両者は、今年4月に行われたBNPパリバ・カトヴィツェ・オープン1回戦で対戦し、その時はクヴィトバがストレートで勝利していた。今回の対戦により、土居美咲はクヴィトバに対し0勝2敗とした。

今季のグランドスラムで土居美咲は、全豪オープンで初戦突破を果たすも、2回戦でM・シャラポワ(ロシア)から1ゲームも取れずに完敗。全仏オープンとウィンブルドンでは初戦敗退となった。

土居美咲のグランドスラム自己最高成績は2011年のウィンブルドンで、その時は予選3試合を勝ち抜き、S・リシキ(ドイツ)との3回戦まで駒を進めた。

一方、土居美咲をフルセットで下したクヴィトバは2011年のウィンブルドンでグランドスラム初優勝を飾り、自己最高ランクは2011年に記録した2位である。

クヴィトバは2回戦で、A・ペトコビッチ(ドイツ)をストレートで破ったB・ヨバノフスキ(セルビア)と対戦する。

その他の日本勢では、第11シードで出場した錦織圭(日本)クルム伊達公子(日本)は初戦で姿を消したが、予選3試合を勝ち抜き本戦出場を果たした奈良くるみ(日本)は2回戦進出を決めている。

予選3試合を勝ち抜いた添田豪(日本)は1回戦で元世界ランク8位のM・バグダティス(キプロス)と対戦する。

また、森田あゆみ(日本)は第4シードのS・エラーニ(イタリア)と1回戦で対戦する予定だったが、腰の痛みにより棄権を申し入れた。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《21歳の奈良くるみ、グランドスラムで3年ぶり2度目の初戦突破<全米オープン>》

《クルム伊達「終わってしまった」、18年ぶりの初戦突破ならず<全米オープン>》

《予選勝者に完敗の錦織「サーブが悪かった」<全米オープン>》

《添田豪が予選突破、元世界8位との対戦へ<全米オープン>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年8月28日6時28分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!