- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界1位ヒンギス「大好きな大会」でダブルス現役復帰

テニス殿堂入りを果たした元世界女王のM・ヒンギス(スイス)が、先週アメリカのニューポートで行われたセレモニーで、7月29日から開幕するカリフォルニア州サンディエゴで行われる女子プレミア大会のサザン・カリフォルニア・オープンにD・ハンチュコバ(スロバキア)とのペアで、再びダブルスの公式戦の舞台に立つ事が明らかになった。

32歳のヒンギスは現役を引退しているものの、毎年夏に全米各地で行われているプロテニスリーグの「ワールド・チーム・テニス(WTT)」に参加している。今年のWTTも今週から開幕し、初日の15日にはワシントン・キャッスルズの一員として登場。女子シングルス・女子ダブルス・ミックスダブルスに出場し、その全てで勝利を飾りチームの勝利に大きく貢献していた。

ヒンギスは公式戦の舞台に復帰する事について「サザン・カリフォルニア・オープンで、また本格的な競技の場へ帰って来れる事をとても楽しみにしています。1997年にシングルスとダブルスで優勝して、その後の1999年にまたシングルスで優勝を飾った事を覚えています。」と、コメント。

「この大会は、大好きな大会の1つでした。WTTの初戦を終えて、肉体的にもとても充実していると感じています。競技への情熱はまだありますし、コートにも立ちたいと思ってもいます。この大会は再びコートに立つには、最高の大会だと感じています。」

2007年9月以来となる公式戦の舞台に立つヒンギスは、14歳になる直前からプロのコートに立ち、グランドスラムで5度の優勝を含め43ものシングルスタイトルと、37のダブルスタイトルを獲得している。ダブルスでは9度のグランドスラム優勝を飾っている。

ヒンギスとハンチュコバは、2007年にヒンギスが出場したダブルスの最後の3大会でペアを組み出場する親しい間柄。同年3月のマイアミ大会ではベスト4、8月のロサンゼルス大会ではベスト8、その後の全米オープンでは3回戦敗退の成績だった。この年の2月にM・キリレンコ(ロシア)と組んで出場したドーハ大会では、最後のダブルス優勝を飾っている。

大会主催者のアラステアー・ガーランド氏は「このような素晴らしいチャンピオンが、再び公式戦の舞台へ立つ場所を、このサザン・カリフォルニア・オープンに選んでくれた事に誇りを感じます。数日前にテニス殿堂入りしたばかりの彼女が、どんなダブルスのプレーをみせてくれるか、ファンの方々に取っても特別な楽しみになる事は間違いないでしょう。」と、ヒンギスのエントリーに喜びの声をあげていた。

これで8度目の出場となるヒンギスは、1997年に決勝戦でM・セレス(アメリカ)を、1999年にはV・ウィリアムズ(アメリカ)を下して優勝。1997年のダブルスではA・サンチェス=ビカリオ(スペイン)と組んで優勝を飾っている。

今大会でヒンギスはダブルスに選手として出場する事に加えて、アパレルブランドの“トニック”とコラボした“トニック・バイ・マルチナ・ヒンギス”と称するテニスウェアの新作のプロモーション活動も行う予定でいる。“トニック”はサザン・カリフォルニア・オープンの大会公式スポンサーでもある。

また、今季全豪オープンを制した世界ランク3位のV・アザレンカ(ベラルーシ)、ウィンブルドンでグランドスラム初優勝を果たした同7位のM・バルトリ(フランス)、前年度チャンピオンで同21位のD・チブルコワ(スロバキア)、2011年チャンピオンで同4位のA・ラドワンスカ(ポーランド)など、世界のトップ選手が出場する。


■関連記事■

《元女王ヒンギスが殿堂入りに感激「テニスという競技に感謝」》

《元女王ヒンギスが殿堂入り「この上ない名誉」》

《天才ヒンギスのアドバイスで急上昇》

《テニス四大大会5勝のヒンギス、コカイン陽性で引退表明》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年7月17日10時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月26日

元王者マレー WBに向けて順調 (16時36分)

フリッツ WB前哨戦で2度目V (14時32分)

SBC女子決勝は西郷と荒川 (14時00分)

ジョコ「順位は重要でない」 (12時00分)

ジョコ 全米出場は「不可能」 (11時06分)

ナダル「毎日普通に歩ける」 (10時36分)

SBC決勝Tが26日開催 (9時02分)

元WB女王クヴィトバ 前哨戦V (8時10分)

穂積/二宮が今季ツアー3勝目 (7時08分)

チチパス 芝大会で初V (6時24分)

6月25日

土居美咲 WB初戦の相手が変更 (22時32分)

セリーナ WB初戦は113位 (21時11分)

澤柳らSBC女子8強揃う (19時55分)

ハレプ 首の負傷で準決勝棄権 (19時51分)

今井らSBC男子8強揃う (19時12分)

元WB女王 前哨戦で決勝進出 (17時49分)

優勝賞金1,000万円、予選リーグ開幕 (15時37分)

英大会で英国勢3名下す「ごめん」 (15時04分)

チチパス 芝で初のツアー決勝へ (12時52分)

穂積/二宮ペア 熱戦制しV王手 (10時54分)

望月慎太郎 CH初4強ならず (8時54分)

優勝賞金1,000万円、組合せ決定 (7時44分)

モンフィス WB欠場を発表 (7時12分)

錦織圭 7月シティOPに出場 (0時51分)

6月24日

シフィオンテク 初戦はフェット (23時21分)

武尊がSBCドリームテニス激励 (22時17分)

プロアママッチ 優勝者決定 (21時51分)

土居と本玉 WB初戦が決定 (21時25分)

優勝賞金1,000万円 前日にプロアママッチ (21時01分)

西岡、ダニエルが本戦登場 (20時05分)

ジョコビッチ 初戦はクォン (19時19分)

20歳ドレイパー、ツアー初4強 (15時52分)

ティームら7月クレー大会出場へ (13時35分)

コロナ禍での楽曲制作明かす (11時27分)

19歳アルカラス 初出場が決定 (10時15分)

前年覇者メド撃破で4強 (8時11分)

ブブリクに快勝で4強へ (7時33分)

ナダル WBで練習開始 (6時58分)

本玉真唯 初のWB本戦入り (1時34分)

6月23日

【1ポイント速報】本玉真唯 WB予選決勝 (23時04分)

セリーナ組棄権 ジャバー負傷 (21時53分)

全豪ツアー AOトラベル発売 (20時31分)

YouTube 清風高校テニス部を取材 (20時29分)

シュワルツマン撃破で8強 (20時22分)

2度のWB女王 前哨戦で8強 (19時07分)

「最高の選手から学んでいる」 (17時52分)

元1位ハレプ 快勝で8強 (17時19分)

フェデラー 最新Tシャツ公開 (15時31分)

チチパス WB前哨戦で8強 (13時38分)

ATPの決定「同意できない」 (12時15分)

ナダルとジョコ 芝で躍動 (10時54分)

レーバー杯 来年以降の開催地決定 (9時03分)

メド、カラツェフ下し8強 (8時06分)

セリーナ組 青山ペア撃破で4強 (7時18分)

本玉真唯 WB予選決勝に進出 (1時22分)

【1ポイント速報】本玉真唯 WB予選2回戦 (0時20分)

キリオス 腹部の負傷で棄権 (0時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!