- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

完勝の王者ジョコビッチ、波乱には「十分な理由がある」<ウィンブルドン>

男子テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は27日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が予選を勝ち上がったB・レイノルズ(アメリカ)を7-6 (7-2), 6-3, 6-1のストレートで退け、順当に3回戦進出を決めた。

今年はすでに上位選手が敗退する波乱の多い大会になっている中、順当な勝ち上がりを見せたジョコビッチは「トップ選手達がこの数日で敗退するには十分な理由があると思う。どんな選手だって甘く見てはいけないし、先を見てもいけない。1戦1戦をしっかり戦う必要がある。それがスポーツというものだし、現実なんだ。」

「特にランキングの下の選手達は、早いラウンドで上位選手と対戦すると、失うものはないし、ベストのプレーをして臨んでくるからね。」とジョコビッチは、世界ランク156位のレイノルズとの試合に気を引き締めて臨んだ事を明かした。

試合を振り返って「サーブの調子が良かった。まだ1度もブレークを許していない。その事は励みになる事実さ。今日の対戦相手もブレークポイントを握られた時に、とても良いプレーをしてきたのは称賛に値するよ。でも、その点は次の試合では改善させたいね。それでも全体的には良いプレーが出来たと思う。」と、ジョコビッチは語った。

この日は夕方からの降雨のため、屋根が閉じられた中で試合を終了する事が出来た。外で行われた試合では、試合途中や開始前に翌日へと順延になった試合もあり、ジョコビッチが次に対戦する相手もまだ決まっていない。

3回戦でジョコビッチは、第28シードのJ・シャーディ(フランス)J・シュトルフ(ドイツ)の勝者と対戦する。両者はこの日行われた2回戦で、シュトルフがシャーディから2-6, 7-5, 2-1とリードしたところで、翌日へと順延が決まった。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

■関連記事■

《世界1位ジョコビッチ「ナダル」超えられず、悔やまれるスマッシュミス<全仏オープン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《7度優勝フェデラーにまさかの波乱「こんな結果は望んでいない」<ウィンブルドン>》

《フェデラーから金星飾ったスタコフスキ「人生で最高のプレー」<ウィンブルドン>》

■関連動画■

【無料】伝説の男、マッケンロー特集!ジョコ&マレーの撮影現場を直撃


この日行われた試合結果は以下の通り。

A・セッピ(イタリア)(23) vs. ●M・ロドラ(フランス), 7-5, 0-0 (途中棄権)
J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)(8) vs. ●J・レヴィン(アメリカ), 6-2, 7-6, 6-2
T・ベルディフ(チェコ共和国)(7) vs. ●D・ブランズ(ドイツ), 7-6, 6-4, 6-2
錦織圭(日本)(12) vs. ●L・マイェール(アルゼンチン), 7-6, 6-4, 6-2
K・アンダーソン(南アフリカ)(27) vs. ●M・プルジシーズニー(ポーランド), 6-4, 7-6, 6-4
J・ブレイク(アメリカ) vs. ○B・トミック(オーストラリア), 3-6, 4-6, 5-7
R・ガスケ(フランス)(9) vs. ●添田豪(日本), 6-0, 6-3, 6-7, 6-3
F・ロペス(スペイン) vs. ●P・H・マチュー(フランス), 6-3, 5-1 (途中棄権)
I・ドディグ(クロアチア) vs. ●D・クドラ(アメリカ), 6-1, 7-6, 7-5
M・ラオニチ(カナダ)(17) vs. ○I・セイスリン(オランダ), 5-7, 4-6, 6-7
○N・ジョコビッチ(1) vs. ●B・レイノルズ, 7-6, 6-3, 6-1

(2013年6月28日11時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!