- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

病から復活したヴィーナス、敗れるも「私は諦めない」<全仏オープン>

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は、女子シングルス1回戦が行われ、第30シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)U・ラドワンスカ(ポーランド)に6-7 (7-5), 7-6 (7-4), 4-6のフルセットの末に敗れた。

試合後、大金星をあげたラドワンスカは「彼女を全仏の場で倒せたなんて、最高の気分ね。姉(A・ラドワンスカ(ポーランド))にヴィーナス戦について相談したし、彼女の過去の試合をビデオで見たわ。だから、試合の準備は出来ていた。また彼女は最後まで決して諦めないから、試合終盤では集中力を本当に高めて試合を終わらせたの。」と、興奮気味に話した。

一方、敗れたヴィーナスは「ファイナルセットでは、大きな穴の中にいるようだった。ファイナルセットでは、そんな気分ではいたくないもの。でも、ポジティブな姿勢を崩さずに粘ったわ。彼女(ラドワンスカ)は本当にいいプレーをしていた。凡ミスもあまりなかったし、ボールをよく拾っていた。彼女は本当に勝利に値する。」と話し、勝者を称えた。

さらに「今大会に入る前に理想的な形で準備をする事が出来なかった。色々と上手くいっていなかった。でも、出場してプレーをしてみたいと思ったの。動きは良かったと思うけれど、最近試合をしていなかったし、サーブをそれほど打っていなかったから、久しぶりの試合で完璧な形で打つことは難しかった。」

また、ヴィーナスは「でも、リズムを掴めた瞬間が何度かあったし、一方でそうでない瞬間もあった。今はサーブを強く打てないけれど、徐々に良くなっていると思う。今大会に完璧な状態で出場するには時間が足りなかった。」と、コメントした。

また、ヴィーナスは今年が最後の全仏オープン出場になるのではと聞かれ「最後になる時には皆さんにお知らせするわ。」と、答えている。

ヴィーナスは自己免疫疾患の1種であるシェーグレン症候群により7カ月間ツアーから離脱しており、昨年の3月にツアーに復帰している。

「負けて本当に残念。出場するからには勝ちたいもの。でも、私は強いし、ファイターなの。病気は簡単に解決出来るものではなかった。今は自分のみならず、病気の人のためにプレーをしている。だから、3時間プレー出来た事はとてもポジティブな出来事。また、徐々にプレーが良くなっているし、コート上で気分よくテニスが出来るようになっているわ。」と、ヴィーナス。

加えて「私は諦めない。もちろんいつかは誰でも引退しなくてはならない。でも、私としてはもう1度自分にチャンスを与え、練習し、より良い気分で、より良いプレーをしたいの。困難な道のりだからって諦めたくはない。それは私らしくない。私らしいやり方とは、トライし続ける事。ご存じのように、昨年は大変な1年間だったけれど、達成出来た事もたくさんあった。これからも何が達成出来るか楽しみだわ。」と、語った。

元世界ランク1位のヴィーナスは、現在32位まで落としており、完全復活が期待されている。

この日行われた試合結果は以下の通り。

A・パブリュチェンコワ(ロシア)(19) vs. ●A・フラヴァコバ(チェコ共和国), 4-6, 7-6, 6-4
A・イバノビッチ(セルビア)(14) vs. ●P・マルティッチ(クロアチア), 6-1, 3-6, 6-3
P・ツェトコフサ(チェコ共和国) vs. ●O・ポクコワ(ロシア), 6-0, 6-2
S・エラーニ(イタリア)(5) vs. ●A・ルス(オランダ), 6-1, 6-2
S・ウィリアムズ(アメリカ)(1) vs. ●A・タチシュビリ(グルジア), 6-0, 6-1
Y・ベイゲルジメール(ウクライナ) vs. ○C・ガルシア(フランス), 3-6, 4-6
N・ペトロワ(ロシア)(11) vs. ○M・プイグ, 6-3, 5-7, 4-6
森田あゆみ(日本) vs. ○Y・プチンセワ(カザフスタン), 2-6, 3-6
M・バーデッテ(アメリカ) vs. ●D・ヴェキッチ(クロアチア), 6-3, 6-4
S・キルスチャ(ルーマニア)(26) vs. ●K・ベルテンス(オランダ), 5-7, 7-5, 6-2
V・ラッツァーノ(フランス) vs. ●C・フォイアスタイン(フランス), 7-6, 6-4
S・リシキ(ドイツ)(32) vs. ●S・アービッドソン(スウェーデン), 6-3, 6-4
G・ウォスコボエワ(カザフスタン) vs. ●G・ミン, 4-6, 6-4, 7-5
○D・フィッツエンマイヤー vs. ●M・ミネッラ(ルクセンブルグ), 7-5, 6-1
●V・ウィリアムズ(30) vs. ○U・ラドワンスカ, 6-7, 7-6, 4-6
I・パブロビッチ(フランス) vs. ○S・ロジャース, 3-6, 4-6

《全仏オープン 男女シングルス対戦表》


■関連記事■

《ヴィーナス、クルム伊達について「本当に良いプレーをしていた」◇ソニー・オープン女子》

《ヴィーナスが2時間21分の接戦制す◇ファミリー・サークル・カップ》

《セリーナ、ラドワンスカ姉妹を語る◇W&Sオープン女子》

《女王セリーナ初戦快勝するも「緊張していた」<全仏オープン>》

(2013年5月27日10時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!