- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第8シードの井藤がシングルスを制す◇筑波大学国際テニストーナメント

男子テニスツアーの下部大会であるITFフューチャーズの筑波大学国際テニストーナメント(茨城/筑波、賞金総額1万ドル、ハード)は7日、シングルス決勝が行われ、第8シードの井藤祐一(日本)(ライフ・エヌ・ピー)が岡村一成(早稲田大学)を6-3, 3-6, 6-2で下し優勝を収めた。

井藤祐一は準決勝で、第1シードの竹内研人(日本)(北日本物産)を2回戦で破った内田海智(日本)(富士薬品)を6-0, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

一方ノーシードから勝ち上がった岡村一成は、1回戦で第3シードの片山翔(日本)(イカイ)を、準々決勝で第6シードの菊池玄吾(日本)(ブリヂストンテニスハウス)、続く準決勝で第2シードの仁木拓人(日本)(柴沼醤油販売)を破って決勝へ進出していた。

シード勢を次々に破り勢いに乗る岡村一成に対して井藤祐一は第2セットを奪われるもファイナルセットで終止符を打ち、今大会で初優勝を挙げた。同大会は、今年が3回目の開催で、第1回、第2回大会のシングルスは内山靖崇(日本)が連覇をしている。

また前日に行われたダブルス決勝では、慶応義塾大学の近藤大基/ 志賀正人(日本)組が、第2シードの井藤祐一/ 田川翔太(日本)組を6-3, 7-6(7-2)で破り優勝している。

■関連記事

《内山靖崇がシングルスで連覇◇筑波大学国際テニス》

《ライフ・エヌ・ピーがジュニアユース強化プログラムを発表》

(2013年4月8日18時32分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!