- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬/内山靖崇ペアが激闘制し、日本2回戦へ導く◇デビスカップ

有明コロシアム(東京/有明テニスの森)で行われているテニスの国別対抗戦デビスカップのアジア・オセアニア・ゾーン1部 日本対インドネシア戦の大会2日目、ダブルスに登場した伊藤竜馬(日本)/ 内山靖崇(日本)組がC・ルンカット(インドネシア)/ E・シー(インドネシア)組に6-4, 5-7, 2-6, 7-5, 6-2で勝利、日本の2回戦進出が決まった。大会1日目に日本は、伊藤竜馬と添田豪(日本)がシングルスでそれぞれ勝利し、2−0としていた。

4月5日から行われるアジア・オセアニア・ゾーン1部2回戦で日本は、インドと韓国の勝者と対戦する。

この試合、第1セットを先取した伊藤竜馬/ 内山靖崇組は、第2セットの第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットのゲームを迎える。しかし、ルンカット/ シー組にパッシングショットなどを決められ、このゲームをブレークバックされてしまい、ゲームカウント5−5となる。

その後も、勢いに乗ったルンカット/ シー組に2ゲーム連取された伊藤竜馬/ 内山靖崇組は第2セットを落としてしまう。

第3セットに入ると、第3ゲームで伊藤竜馬/ 内山靖崇組が鋭いリターンを決めるなどでブレークに成功、ゲームカウント2−1とリードする。しかし、ここから伊藤竜馬/ 内山靖崇組は勢いを失い、ルンカット/ シー組に5ゲーム連取されてしまい、セットカウント1−2となる。

第4セットは息を吹き返した伊藤竜馬/ 内山靖崇組がゲームカウント7−5で奪い、勝負の行方はファイナルセットへ。

ファイナルセットでは、伊藤竜馬/ 内山靖崇組がリードし、最後は内山靖崇がセンターへサービスエースを決め、ゲームセットとなった。

伊藤竜馬は今回の勝利で、デビスカップのダブルスで初勝利となった。また初選出の内山靖崇はデビスカップで初勝利をあげた。

今回のデビスカップで、世界ランク21位の錦織圭(日本)は欠場していた。

日本は、昨年2月に行われたワールドグループ1回戦でクロアチアに敗れ、その後の同年9月にはイスラエルに2−3で敗れたため、アジア・オセアニアゾーンに降格となっていた。


■関連記事■

《添田豪「勝つ事だけを考えて」◇デビスカップ》

《添田豪、格の違いを見せつける◇デビスカップ》

《伊藤竜馬が1番手を圧倒◇デビスカップ》

《植田監督、初日を終え「心強い」◇デビスカップ》

(2013年2月2日16時33分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!