- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヴィーナス「前向きな気持を忘れず」シード破る◇BGLルクセンブルグOP

女子テニスツアーのBGLルクセンブルグ・オープン(ルクセンブルグ/ ルクセンブルグ、賞金総額22万ドル、ハード)は18日、シングルス2回戦残り6試合が行われ、V・ウィリアムズ(アメリカ)が第9シードのM・バーテル(ドイツ)を7-6 (7-4), 6-4で、M・ニクルスク(ルーマニア)が第2シードのJ・ジョルジュ(ドイツ)を6-4, 6-2と、シード勢が敗退する波乱含みの1日となった。

ヴィーナスは第1セット、バーテルに対し2度のブレークを奪いゲームカウント4−0とリードするも、そこからブレークバックを許すとタイブレークへ。そのタイブレークでは32歳と経験に勝るヴィーナスが終始リードし第1セットを先取。

第2セットでも2度のブレークを許したヴィーナスだったが、3度のブレークに成功すると1時間42分で下し、バーテルとの初対戦を白星で飾った。

「第1セットを4−0とリードしてそのセットが取れると思ってしまったの。そこからミスが出始めて、挽回されてしまった。それでも前向きな気持ちを忘れずにいたから、第1セットを奪う事が出来たと思う。」と試合を振り返ったヴィーナス。

加えて「第2セットも先にリードしたけど、彼女(バーテル)も全く諦めなかった。コートは遅かったけど、彼女も素晴らしい守りを見せていた。どんなボールも返球して来たから、とてもタフな試合になったけど、辛抱強くプレーを続けて勝利を収める事が出来た。」と、苦しい試合だった事を明かした。

世界ランク70位のニクルスクは同ランク19位のジョルジュに、第1セットは1度ブレークを許すも2度のブレークを奪い先取。第2セットに入ると1度もブレークポイントさえジョルジュに与えなかったニクルスクは、2度のブレークに成功すると77分の快勝でシードダウンを演じた。

ヴィーナスはラッキールーザーのA・ケタボング(英国)を6-4, 6-1で下した第1シードのR・ビンチ(イタリア)と、ニクルスクはL・フラデカ(チェコ共和国)と準々決勝を行う。

この日行われた試合結果は以下の通り。

R・ビンチ (1) ○-× A・ケタボング, 6-4, 6-1
M・ニクルスク ○-× J・ジョルジュ (2), 6-4, 6-2
A・ペトコビッチ(ドイツ) ○-× J・ヤンコビッチ(セルビア) (3), 7-5, 6-0
K・ペルバク(ロシア) ○-× S・シルステア(ルーマニア) (6), 7-6 (7-4), 6-1
V・ウィリアムズ ○-× M・バーテル (9), 7-6 (7-4), 6-4
D・ハンチュコバ(スロバキア) ○-× K・フリッペンス(ベルギー), 6-4, 4-6, 6-2

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年10月19日15時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!