- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ワトソンが劇的なツアー初優勝飾る◇HPジャパン・オープン

女子テニスツアーのHPジャパン・オープン(日本/大阪、賞金総額22万ドル、ハード)は日曜日にノーシード同士の対決となった決勝戦を行い、H・ワトソン(英国)K・チャン(台湾)を7-5, 5-7, 7-6(7-4)の大激戦の末に下し、見事、WTAツアー初優勝を飾った。ワトソンは優勝賞金3万7000ドルを獲得した。

3時間11分の大接戦を制したワトソンは、英国人女子として24年ぶりにツアーでタイトルを獲得した。ちなみに24年前に優勝したのはアプトスの大会でのS・ゴーマー。同国の女子選手は近年、力をつけてきており、3週間前にはL・ロブソン(英国)J・ドゥーリー(英国)以来22年ぶりにツアー決勝進出を果たしていた。ドゥーリーはワトソン、ロブソンが生まれる前の1990年にニューポートの大会で準優勝を飾っていた。

決勝戦はともにツアー初優勝を目指す2人の意地のぶつかり合いとなった。第1セットをゲームカウント7−5で先取したワトソンは、第2セットもゲームカウント5−3とリードし、マッチポイントを手にする。しかし大勝利を目の前に緊張してしまったのかダブルフォルトを犯しチャンに逆転を許すと、そのままずるずると4ゲーム連続で落とし、このセットをゲームカウント5−7で落としてしまう。

第3セットも接戦となったが、チャンがゲームカウント5−3とした後の第9ゲームで4本のマッチポイントを握る。

しかし今度はチャンの方が硬くなってしまい、4ポイント全てをワトソンが奪うと、試合は結局タイブレークへ。

天王山のファイナルセット・タイブレークでは、ワトソンが最後の力を振り絞って3−1とリードすると、結局は7−4で奪い、自身にとって大きな意味を持つ優勝を決めた。

チャンは今大会のロブソン(第8シード)およびS・ストザー(オーストラリア)(第1シード)戦でファイナルセット・タイブレークを経験しており、いずれもタイブレークを制しての決勝戦だったが、決勝ではあと一歩、力及ばなかった。

決勝戦はブレーク合戦となり、合計で14度のブレークがあった。第1セットではそのうち半分の7度のブレークを記録した。また両者のポイント獲得数は129と全く同じで、試合がいかに接戦だったかを物語る。

ワトソンはこれまでツアーでは準々決勝進出が最高で、昨年のオークランド、メンフィス、ケベックの大会でベスト8入りしていた。一方のチャンも同様にベスト8入りが最高で、2010年にはクアラルンプールと大阪の大会で、今年はバーミンガムの大会で準々決勝に進んでいた。

英国人男子としてはA・マレー(英国)が今シーズン、ロンドンオリンピック、全米オープンで優勝しており、今季は男女ともに賑やかな英国テニスとなっている。

一方、日本期待のクルム伊達公子(日本)とペアを組み、第4シードとしてダブルス決勝にも進んでいたワトソンだったが、決勝では格上の第1シードR・コップス=ジョーンズ(アメリカ)/A・スピアズ(アメリカ)組に1-6, 4-6で敗れ、英国人女子として1985年のA・ホッブス以来となるツアー単複優勝とはならなかった。試合時間は65分で、第1シードペアは優勝賞金1万1000ドルを獲得した。

コップス=ジョーンズ/スピアズ組はダブルスのチームとして近年、実力をつけてきており、昨年は2勝、今季はこれで4勝目を達成した。

(翻訳/森田系太郎)

(2012年10月15日10時33分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月21日

【速報中】大坂vsセバストバ (10時30分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

1月20日

フェデラー 全豪8強ならず (21時04分)

【告知】錦織vsカレノ=ブスタ (21時03分)

【1ポイント速報】フェデラーvsチチパス (20時04分)

シャラポワ「チャンスあった」 (19時43分)

21歳の誕生日 四大大会初8強 (16時10分)

ナダル8強 ベルディヒ撃破 (16時03分)

ダンロップ 四大大会初の公式球 (14時15分)

錦織 全豪4回戦へ向け調整 (11時08分)

松岡氏、錦織と大坂を労う (7時50分)

1月19日

錦織ら全豪OP16強出揃う (22時49分)

錦織、全豪OP3回戦の詳細 (21時41分)

錦織 次戦は「簡単に勝てない」 (18時54分)

「圧倒された」大坂が逆転勝利 (18時24分)

錦織圭、大坂なおみに冗談 (16時51分)

ジョコ 苦戦も12度目16強 (16時47分)

錦織 全豪4回戦は世界23位 (15時26分)

錦織 快勝で全豪7度目16強 (13時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsシャポバロフ (13時39分)

【1ポイント速報】錦織vsソウサ (11時21分)

大坂なおみ 全豪2年連続16強 (11時13分)

1月18日

「シャラポワは選手と話しない」 (20時20分)

ナダル 19歳に快勝で16強 (19時40分)

【1ポイント速報】ナダルvsデ ミナー (17時07分)

シャラポワ 前年女王破り16強 (16時19分)

チチパス 全豪初の4回戦へ (16時12分)

ベルディヒ 逆転で2年連続16強 (14時31分)

深夜3時に惜敗のコンタ苦言 (13時03分)

完勝フェデラー 4年連続16強 (12時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!