- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ロペスやダビデンコが好発進◇マレーシア・オープン

男子テニスツアーのマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、賞金総額85万ドル、インドアハード)は26日、シングルス1回戦残り5試合と2回戦2試合が行われ、第5シードのF・ロペス(スペイン)L・ラコ(スロバキア)を6-3, 7-6 (7-3)のストレートで下し順当に2回戦進出を決めた。

世界ランク32位のロペスは、同ランク66位のラコに第1セットで1度ブレークされるも、3度のブレークに成功しこのセットを先取。第2セットでは両者1度もブレークを許さずタイブレークへ突入。そのタイブレークでは実力に勝るロペスが主導権を握り1時間40分でラコを退け初戦突破を決めた。

ロペスは今季5回目のベスト8進出をかけてI・セイスリン(オランダ)と対戦する。

その他、A・ボゴモロフJR(ロシア)が予選を勝ち上がったD・イグロットを7-5, 6-3のストレートで、元世界ランク3位のN・ダビデンコ(ロシア)がラッキールーザーのS・シンを7-5, 6-4とこちらもストレートで退け、2回戦へ駒を進めた。

ボゴモロフJRは試合を通して1度もイグロットにブレークポイントさえ与えず、第1セットは終盤で1度、第2セットでは2度のブレークを奪うと、わずか66分の快勝でイグロットを退けた。

世界ランク44位のダビデンコは同ランク373位のシンに対し、第1セットはミスの目立つプレーから2度のブレークを許してしまう。しかし、経験に勝るダビデンコは3度のブレークを奪うとこのセットを接戦の末奪った。

第2セットでも5度のダブルフォルトを犯したダビデンコは1度ブレークをシンに奪われたが、2度のブレークに成功し1時間43分のストレートで初戦突破を果たした。シンはM・クリザン(スロバキア)が斜紋筋を痛めて大会直前に欠場を表明しての本戦入りだった。

ボゴモロフJRは第1シードのD・フェレール(スペイン)と、ダビデンコは第6シードのP・アンジャー(スペイン)を6-3, 6-2で下す金星を飾ったD・イストミン(ウズベキスタン)とそれぞれ2回戦で対戦する。

この日の2回戦では、第7シードのJ・ベネトー(フランス)M・エブデン(オーストラリア)を7-5, 6-2で、V・ポスピシル(カナダ)が予選を勝ち上がったM・ヤニ(アメリカ)を6-3, 7-5と、いずれもストレートで倒してベスト8入りを決めた。

同ランク34位のベネトーは、第1セットで同ランク64位のエブデンに1度ブレークを許したものの2度のブレークを奪い、このセットを先取。第2セットでは集中を高めたベネトーが1度もブレークポイントさえエブデンに与えず、2度のブレークを奪うと74分のストレートで下し、今季3大会目の準々決勝進出を決めた。

同ランク122位のポスピシルは同ランク238位のヤニに対し、試合を通して5回訪れたブレークピンチ全てを切り抜けると、各セットで1度ずつのブレークを奪い1時間50分で勝利。自身初となるATPツアーでの準々決勝進出を果たした。

ベネトーは第4シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)A・ファリャ(コロンビア)の勝者と、ポスピシルは第2シードのJ・モナコ(アルゼンチン)と主催者推薦のJ・ワンの勝者と準々決勝を行う。

この日ファリャはR・ラム(アメリカ)と対戦したが、7-6 (7-4), 4-2とリードしたところでラムがハムストリングを痛め途中棄権を申し入れて2回戦進出を決めていた。

今大会は上位シード4選手が1回戦を免除されており、第3シードでエントリーしている錦織圭(日本)は、現地木曜日に予定している2回戦でA・ラモス(スペイン)と対戦する。

この日の試合結果は以下の通り。

【1回戦】
F・ロペス (5) ○-× L・ラコ, 6-3, 7-6 (7-3)
D・イストミン ○-× P・アンジャー (6), 6-3, 6-2
A・ボゴモロフJR ○-× D・イグロット, 7-5, 6-3
N・ダビデンコ ○-× S・シン, 7-5, 6-4
A・ファリャ ○-× R・ラム, 7-6 (7-4), 4-2, 途中棄権

【2回戦】
J・ベネトー (7) ○-× M・エブデン, 7-5, 6-2
V・ポスピシル ○-× M・ヤニ, 6-3, 7-5

今大会の優勝賞金は15万3400ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年9月27日11時10分)

その他のニュース

1月18日

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

1月17日

バーティ 苦戦も決勝へ進出 (19時15分)

イズナー下し初の決勝「最高」 (17時51分)

【告知】大坂vsブズコバ (17時10分)

ブライアン兄弟が練習試合 (16時17分)

19歳ヤストレンスカ 決勝へ (14時42分)

ジョコ、ナダルら 会場で練習 (14時09分)

「ストリングの未来予想図」 (12時56分)

マレー 治療長引く「無理しない」 (12時21分)

ナダル、ジョコら全豪OP組合せ (11時35分)

日比野 全豪OP予選決勝へ (11時10分)

守屋宏紀 全豪OP本戦へ王手 (10時20分)

1月16日

日比野菜緒 熱戦制し初戦突破 (20時36分)

大坂なおみを支えるYONEX (20時04分)

大坂、全豪初戦は世界59位 (18時55分)

西岡 初戦は世界40位ジェレ (17時36分)

シャポバロフ敗退 4強ならず (15時47分)

ナダルらBIG3 会場で練習 (13時42分)

デ ミノー 全豪OP欠場を発表 (12時57分)

ダニエル太郎と添田豪は敗退 (12時31分)

体調不良で棄権「悲しい」 (11時56分)

オジェアリアシム 快勝で8強 (11時03分)

大坂 ローレウス賞候補に (10時11分)

1月15日

大坂、フェデラーらが登場 (19時31分)

守屋 全豪OP予選2回戦へ (18時54分)

奈良 全豪OP予選2回戦へ (18時53分)

38歳ロペス 1日2試合勝ち8強 (18時20分)

ケルバー 負傷で途中棄権 (16時02分)

2選手が禁止薬物で陽性反応 (14時44分)

ルブレフ 今季負けなし5連勝 (12時53分)

メドヴェデフらが会場で練習 (12時43分)

16本エースで今季初勝利 (11時56分)

ヨネックス 全豪5年連続で張り (11時32分)

大気汚染の影響で3時間遅延 (8時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!