- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭、試合後「久しぶりに感動しました」◇デビスカップ

有明コロシアム(東京/有明テニスの森)で行われているテニスの国別対抗戦デビスカップ 日本対イスラエル戦の大会3日目、シングルス第1試合に登場した錦織圭(日本)D・セラ(イスラエル)に6-3, 3-6, 4-6, 6-4, 7-5のフルセットで勝利するも、第2試合で添田豪(日本)A・ワイントラウブ(イスラエル)に3-6, 6-7 (5-7), 6-4, 3-6で敗れ、日本はアジア・オセアニアゾーン1部に降格する事が決まった。

試合後、大激闘を制した錦織がインタビューに答えました。

「厳しい戦いで、試合の中盤では勝てる気がしなかった。足の痙攣もあり、太陽が出ていて干乾びそうな中、嫌な雰囲気もあったけど4セット目をなんとか取り、5セット目は気合で取った。プレッシャーのかかる一戦を勝てたのは凄い嬉しいです。」

ファイナルセットの第12ゲームでマッチポイントを握った時の事については「チャンスはあったもののファイナルセットに入ってもブレークが出来なかった。けど、なんとしてでも1チャンスを決めようと思った。最初はバックハンドで入れにいこうと思ったけど、相手も(サーブを)入れにきたので、自分からフォアハンドで決めにいった。最後は気持ち良く決まった。あのような形で終わらせられたのは良かったです。」

肩の具合、ここまでの体調について「肩は今のところ問題ないです。試合中に問題はなかったので、また痛くなる可能性はなくはないですけど、今は大丈夫です。あと、試合中に初めてふくらはぎに痙攣がきた。緊張だったり、暑さからきたのかなと思う。痙攣してても、このままでは終われないという気持ちがあった。皆に(大会初日の)1試合目に出れなくて迷惑をかけているので、なんとか踏ん張った。」

また「2セット目、左のふくらはぎに痙攣がきて、サーブの時に着地が出来なかった。この箇所に痛みが来るのは初めてだった。3セット目から徐々に良くなってきて、(コートに)影が出てきてからは元気が出てきた。」と、錦織。

対戦相手のセラも痙攣していたことについては「相手を見る余裕がなく、自分のことで精一杯だった。あまり相手の状況は把握していなかった。」

第4セット、サービスゲームの1ポイント目でダブルフォルトを犯したことについては「1セット目のサーブは良かったけど、徐々に悪くなってきた。(肩に違和感があったから)あまりサーブの練習が出来ていなかったので、不安を抱えながらの試合だった。ある程度想定はしていたけど、やはり自分のサービスゲームでリズムを作れないのは自分のペースにならないですし、ダブルフォルトが多かったので、苦しい中での戦いだった。」

5セットマッチで戦う秘訣については「今日の試合の前半は死んでましたけど、(コートに)影が出始めてからは元気が出てきて、体の調子も良くなってきた。相手も疲れが出ていたから、最後それ(体力面)が相手より上回ったことが今日の勝因だと思います。」

逆転出来ると思ったターニングポイントを聞かれた錦織は「4セット目をなんとか取って、5セット目の序盤で気合を入れ直した。相手もしっかりとプレーをしてきたので、絶対に勝てるということは思えなかった。最後の最後までブレークポイント握られたり、危ない場面ばかりだったので、紙一重だったと思う。」

試合後、膝から崩れ落ちた時の感情を聞かれた錦織は「久しぶりに感動しました。試合後にも涙が出てきて、これは初めての経験だった。負けるのではという逆境があった分、この勝利は凄い嬉しかった。感極まりました。」

試合で危ないと感じたときについては「痙攣がきた時です。このまま長引いたら勝ち目はないと思った。相手の調子も3セット目は上がっていたので、危なかったです。」

セラのセカンドサーブに対して多くのミスをしていたことについては「試合中に冷静な判断が出来ていなかった。監督からもアドバイスを言われていて、もっと前に打っていけば良かった。最後の方は意識してどんどん打っていったけど、(試合中は)ちょっと守りに入っていた部分があった。出だしからプレッシャーをかけていくのが作戦でした。」

今回のデビスカップで竹内監督から坂井監督に代わったことについては「そこまでは変わらない。今回は、リターン後にフォアハンドで打つようにと言われていた。」

また、試合中にガットのテンションを変更したことについては「ボールが飛び始めたのと、リターンがあまり入っていなかったので、1ポンド上げました。」と、錦織。

(2012年9月17日1時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!