- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

地元の声援を味方にしてハンチュコバを撃破◇ロジャーズ・カップ女子

女子テニスツアーのロジャーズ・カップ女子(カナダ/モントリオール、賞金総額216万8400ドル、ハード)は7日の初日を迎え、シングルス1回戦10試合が行われ、R・ビンチ(イタリア)Y・ウィックマイヤー(ベルギー)を6-2, 3-6, 7-5の接戦で、地元の声援を受けるA・ウズニアッキ(カナダ)D・ハンチュコバ(スロバキア)を7-5, 7-6 (7-5)で退けて初戦突破を果たした。

世界ランク28位のビンチは、同30位のウィックマイヤーに第1セット、2度のブレークを奪いセットを先取。第2セットは逆にウィックマイヤーに1度ブレークを許し、勝敗の行方はファイナルセットへと持ち込まれた。

ファイナルセットでは序盤でブレークを許したビンチは2−5とリードを許し、崖っぷちに立たされる。しかし、ここから反撃に出るビンチ。以降5ゲーム連取に成功したビンチが2時間27分で勝利を飾り、2回戦進出を決めた。

同55位のウズニアッキは主催者推薦を受けての本戦入り、同35位のハンチュコバと対戦。第1セットは3度ずつのブレーク合戦から終盤で4度目のブレークに成功したウズニアッキが先取する。

第2セットも同じく3度のブレークを奪い合い、両者譲らない展開からタイブレークへと持ち込まれた。そのタイブレークも接戦となったが、最後は地元の声援を力にしたウズニアッキが1時間42分でハンチュコバを振り切り、2回戦へ駒を進めた。

ビンチは第11シードで2006年の今大会のチャンピオンであるA・イバノビッチ(セルビア)と、ウズニアッキは第13シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)とそれぞれ2回戦を行う。今大会はシード勢16名が1回戦を免除されているため、2回戦から登場する。

今大会の上位シード勢は、第1シードがV・アザレンカ(ベラルーシ)、第2シードがA・ラドワンスカ(ポーランド)、第3シードがM・シャラポワ(ロシア)、第4シードがS・ストザー(オーストラリア)、第5シードがP・クヴィトバ(チェコ共和国)、第6シードがA・ケルバー(ドイツ)、第7シードがC・ウォズニアキ(デンマーク)、第8シードがS・エラーニ(イタリア)と続く。

ロンドンオリンピックでは、銅メダルを獲得してかろうじて世界ランク1位をキープしたアザレンカだが、今大会の結果次第ではその座をラドワンスカかシャラポワに奪われる可能性がある。

現在世界ランク2位のシャラポワは、優勝するとアザレンカの結果に関わらず世界1位へ返り咲く。ラドワンスカは自身が優勝し、アザレンカとシャラポワが準々決勝前で敗退すると自身初となる世界の頂点に立つ事になる。

そんなアザレンカは「世界のトップ争いをしている事はエキサイティングね。私達はみんなシーズンを通して安定した好成績を残している証拠。」とその争いを楽しんでいるようだった。

アザレンカはJ・ジョルジュ(ドイツ)を6-2, 6-1で一蹴したT・パスゼック(オーストリア)と、ラドワンスカはM・バーテル(ドイツ)T・バボス(ハンガリー)の勝者と、シャラポワはC・マーケイル(アメリカ)と予選勝者のA・ルス(オランダ)の勝者と、それぞれ2回戦で対戦する。

その他の1回戦の試合結果は以下の通り。

J・セペロバ ○-× S・アービッドソン(スウェーデン), 6-3, 6-3
S・カラタンチェバ(ブルガリア) ○-× S・シルステア(ルーマニア), 6-0, 6-0
S・ハレプ(ルーマニア) ○-× M・ラシェール・ダ・ブリート(ポルトガル), 6-4, 6-3
K・ペルバク(ロシア) vs. A・タチシュビリ(グルジア), 7-6 (10-8), 7-6 (7-4)
C・シーパース(南アフリカ) ○-× S・デュボワ(カナダ), 1-6, 6-3, 6-0
E・マカロバ(ロシア) ○-× U・ラドワンスカ(ポーランド), 6-4, 6-2
C・スアレス・ナバロ(スペイン) ○-× MJ・マルチネス=サンチェス(スペイン), 1-6, 6-4, 6-3

今大会の優勝賞金は38万5000ドル。

(2012年8月8日13時29分)

その他のニュース

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!