- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬、ロンドンで「リョウマ」になれ!!

まさに地獄から天国へ、と言ったら少し大げさだろうか。

世界ランク69位の伊藤竜馬(日本)は、オリンピック出場を巡って、6月に一喜一憂させられた。

オリンピックイヤーであることを踏まえ、伊藤も、今年1月から出場を目指して、チャレンジャー大会を中心に戦い、優勝2回、準優勝1回、ベスト4に3回という成績を残して、ATPランキング60位台につけた。1カ国最大4人まで出場可能というルールの兼ね合いから、伊藤は、ロンドンオリンピック出場のボーダーライン付近に位置していた。

そんな伊藤を、一部の新聞や通信社は、出場当確と報じた。だが、6月15日にITF(国際テニス連盟)から届いた通知には、伊藤の名前がなかった。

6月26日のワイルドカードを含めた最終発表まで、伊藤は悶々とした日々を過ごすことになったが、ついにオリンピック初出場を決めたのだった。

「本当にラッキー。出れることが驚きですし、1月の時点では無理だと思っていたことが、出場できることになった。目標が叶ったが、出るからには、メダルを取る目標を持って、一つでも多く勝てるよう頑張っていきたい。4年に一度しかないチャンスを手にしたということで、一試合一試合、悔いなく全力で戦って、応援してくれている人のために、勇気と希望を与えられるようなプレーをしたい」

伊藤は、ロンドンオリンピックで日本男子選手3人目の出場者となったが、1988年にソウルオリンピックで、テニスが正式競技に復帰してから、日本男子選手3人が出場するのは初めての快挙だ。

「今の男子は、切磋琢磨し合ってやって来た。もっと上を目指して頑張りたい」

オリンピックで、北島康介(日本・水泳)やU・ボルト(ジャマイカ・陸上)を見てみたいと語る伊藤だが、シングルス1回戦で、世界ランク25位のM・ラオニチ(カナダ)との対戦が決まった。サーブの力比べとなりそうだが、日本屈指のビッグサーバーである伊藤にもチャンスはあるはずだ。

そして、かつて新しい時代を切り開いた坂本龍馬のように、伊藤もロンドンオリンピックで、日本テニスの新たな歴史を刻んでほしい。

(文・写真/神 仁司)

(2012年7月27日15時05分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!