- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル敗れる 7年ぶりの2回戦敗退◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会4日目の28日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク100位のL・ロソル(チェコ共和国)が第2シードのR・ナダル(スペイン)に6-7 (9-11), 6-4, 6-4, 2-6, 6-4のフルセットで勝利、3回戦に進出する大波乱が起きた。

お互いに1度ずつのブレークで突入した第1セットのタイブレークを制したナダルであったが、続く第2、第3セットをロソルに連取されてしまう。逆転を許したナダルは、第4セットで2度のブレークに成功すると、試合を振り出しに戻した。

この場面で日没を理由に試合は中断、センターコートの屋根が閉まるまで選手達は待機することとなる。可動式の屋根が閉じられた後、試合は再開されたものの、中断により勢いを削がれたナダルはファイナルセット第1ゲームでロソルにブレークを許してしまう。

ここからはロソルは、強烈なサーブでナダルにチャンスを与えずにサービスキープを続けた。そして試合開始から3時間18分後、この日22本目のサービスエースで試合を決めると、両手で顔を覆い、コートに座り込んで喜びを表現した。

24歳のロソルは、今大会の本戦に出場するのは今年が初めて。これまでの5年間は、全て予選1回戦で敗退していた。

「驚いたどころではありません。僕にとっては奇跡のようなものです。こんなことは想像すらしたことはありませんでした。」とロソル。「本当に満足しています。まだ言葉が見つかりません。まだ信じられないのです。」

今大会で2度の優勝を誇るナダルが、2週目を前に大会をさることになるのは2005年以来となる。その時のナダルは、2回戦でG・ミュラー(ルクセンブルグ)に敗れていた。また、この敗戦により、今大会でナダルが世界ランク1位に復帰する可能性はなくなった。

まさかの敗戦を喫したナダルは「僕にとってベストではなかったのは確かなことです。第5セットの彼が素晴らしいプレーをしていたことは受け入れています。第4セットでは良いプレーが出来ました。」と、言葉少な目にコメントを残した。

グランドスラムで第2シードの選手が2回戦で敗退するのは、2005年の全仏オープンでA・ロディック(アメリカ)が敗れて以来となる。またウィンブルドンでは、2002年のM・サフィン(ロシア)以来10年ぶりのこととなった。

この他の試合では、地元期待の第4シードであるA・マレー(英国)I・カルロビッチ(クロアチア)に7-5, 6-7 (5-7), 6-2, 7-6 (7-4)で勝利しているほか、第19シードの錦織圭(日本)F・セラ(フランス)に6-3, 7-5, 6-2でストレート勝ち、日本男子としては松岡修造(日本)以来、17年ぶりに3回戦進出を果たしている。

(2012年6月29日8時11分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!