- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界基準のテニスシミュレーター「TOPSPIN4」がついに日本上陸!

リアルスポーツシミュレーターで定評のある2K Sportsのテニスシミュレーター「TOP SPIN4」が4月21日、ついに日本でも発売される。対応するハードはPS®3とXbox 360®となっている。

「TOP SPIN4」はR・フェデラーやR・ナダルなどの現役のトップ選手はもちろんのこと、A・アガシやM・チャン、さらにはB・ボルグなどの往年の名プレーヤーを含む25人のキャラクターを操ることが出来る。さらに試合会場はグランドスラム4大会のみならず、世界各地に実在するスタジアムなど全部で40も用意されている。

今作の特徴として挙げられているのは、ゲームではなく本格的なシミュレーターであるところで、テレビ画面のキャラクターを操作しながらも本格的なテニス体験を実現している。操作はボタン一つで各ショットの打ち分けが可能で、状況に合わせてフラット、スピン、スライスなどを簡単に打つことが出来る。また試合前にはテレビ放送のような演出が入り、まるで自分がセンターコートに立つような気分にしてくれるほか、試合の流れによってキャラクターの調子が変化するなど、今までにないリアルな臨場感で実際にテニスをしているように錯覚してしまう。

このゲームのオリジナルモードとして用意されている「キャリアモード」では、自分の分身ともいうべきキャラクターを使って、実際に世界ツアーを転戦することも可能だ。自分が使用するキャラクターは、顔のかたちからウエアやラケット、さらにはフォームやガッツポーズまで細かく設定ができ、まさに自分だけの選手を作り出すことができる。

さらに、このキャリアモードでは自分のプレースタイルに合わせてキャラクターを成長させることができ、グランドスラムに出場すれば自分の分身ともいうべき選手でフェデラーやナダルとの対戦も実現できる。

また「TOP SPIN4」はオンラインによる対戦機能も用意されていて、キャリアモードで育てた選手を使い、世界中のライバルたちと熱い戦いを繰り広げることも可能だ。

基本的なゲーム内容はPS®3版もXbox360®版も同じとなっているが、PS®3版はPlaystation® Moveに対応しており、直感的な操作でプレーを楽しむ事ができる。また初回限定特典として、アガシのビンテージスタイルキャラクターが使用できるDLCトークンが封入されている。これにより、かつての長髪だったアガシが使用可能になる。オールドファンにはたまらない、特典といえるだろう。

さらにゲームの事を知りたいならば、「TOP SPIN4」とテニス365のオリジナルコンテンツに今すぐアクセス!公式サイトもオープン!

(2011年4月21日7時00分)

その他のニュース

10月19日

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

【告知】杉田vsバグダティス (12時54分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

10月17日

シャラポワ 前週Vも初戦敗退 (23時15分)

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

10月16日

杉田37位 日本勢世界ランク (21時08分)

デルポ 3年ぶりTOP20返り咲き (18時00分)

シャラポワ 復帰後Vで50位台へ (17時04分)

綿貫陽介 サンティラン下し本戦 (15時40分)

3時間超えの逆転勝利でV (13時03分)

錦織15位に後退 世界ランク (11時14分)

約6年ぶりにツアー優勝 (10時34分)

ナダル アジアシーズンに満足 (8時43分)

王座女子 早稲田が12連覇達成 (7時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!