- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

サフィーナがペトロワから勝利、クルム伊達は不戦敗◇ロジャーズ・カップ

女子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、賞金総額200万ドル、ハード)は現地時間の水曜日に、シングルス2回戦残り13試合を行い、元世界ランク1位のD・サフィーナ(ロシア)が第18シードのN・ペトロワ(ロシア)を7-5, 4-6, 6-4で下し、今季苦しめられている腰の怪我を負った全豪オープン以来となる1大会2勝目を飾った。またクルム伊達公子(日本)は第17シードのM・バルトリ(フランス)との試合を前に、左太腿の怪我のために棄権を申し入れた。

長引く腰の怪我のためスランプに陥り、今週発表の世界ランクでは70位まで下がっているサフィーナは、この日は序盤からペトロワと互角の戦いを見せ第1セットを先取。第2セットを奪われて勝敗の行方は第3セットへともつれた。その第3セットでは1−4とリードを奪われたサフィーナだったが、詰め掛けたファンからの声援を受け、5ゲームを連取。最後は自身のサービスゲームをラブゲームで決め試合に終止符を打った。

怪我を負った全豪から3ヶ月後にツアー復帰したサフィーナだったが、その後今大会まで8大会に出場し、5大会で初戦敗退、3大会で2回戦敗退と、本来のプレーが影を潜めていた。

「観客の声援が信じられないくらいだった。だから諦めないで戦えたの。1−4とリードされた時も、辛抱強く戦い続けようと思ったわ。3セットを戦い抜いて勝利を飾ったのも久しぶり。でも、トップ選手と3セットを戦い抜ける体になったことが分かったわ。」と語るサフィーナは、怪我の完治を実感していた。

ベスト8入りを懸けて全仏オープン覇者で第6シードのF・スキアボーネ(イタリア)と3回戦を行う。スキアボーネはE・マカロバ(ロシア)を6-4, 6-7 (5-7), 6-2で下しての勝ち上がり。スキアボーネはサフィーナ戦へ向けて「お互いファイターだし素晴らしいキャラクターの持ち主。全仏で優勝するまではハードコートで一番成績を残していたの。ボールと対戦相手のタイミングを掴む必要があるわ。彼女はバックハンドは早いボールでフォアハンドはスピン系だし、対戦がとても楽しみ。」と、対戦を心待ちにしているようだった。

ラッキー・ルーザーで本戦入りしたクルム伊達は、この日に第17シードのM・バルトリとの2回戦を行う予定だった。しかし、1回戦で痛めた左太腿の怪我の痛みが引かず、試合開始前に棄権を申し入れて不戦敗となった。これは8月30日から行われる今季最後のグランドスラムであるUSオープンへ向けて無理をしたくないとの思いからの決断だった。

予選最終ラウンド決勝で敗退していたクルム伊達だったが、先週のシンシナティ大会で準優勝を飾ったM・シャラポワ(ロシア)がかかとの怪我を理由に欠場を表明。それを受けてラッキールーザーでの本戦入りだった。今後しばらくはUSオープンへ向けて休養と治療を行う。

バルトリはベスト8入りを懸けて、前日に第1シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)を下す大金星を飾った予選勝者のI・ベネソバ(チェコ共和国)と3回戦で顔をあわせる。

その他、第2シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)がラッキールーザーで出場のP・シュニーダー(スイス)を7-5, 7-5のストレートで下すなどシード勢が順当に3回戦へ進んだ。シュニーダーは予選最終ラウンドで敗退したものの、第3シードで出場予定だったV・ウィリアムズ(アメリカ)が右膝の怪我を理由に欠場したために、ラッキールーザーでの本戦入りだった。

その他、第4シードのE・デメンティエワ(ロシア)K・ザコパロバ(チェコ共和国)を6-2, 6-4で、第5シードのK・クレイステルス(ベルギー)B・マテック(アメリカ)を4-6, 6-4, 6-3で倒し、順当に3回戦へ駒を進めた。ウォズニアキはA・クレイバノワ(ロシア)を6-3, 6-3で一蹴した第15シードのF・ペネッタ(イタリア)と、デメンティエワは第16シードのA・レザイ(フランス)を5-7, 7-6 (8-6), 6-1で破った鄭潔(中国)と、クレイステルスはS・バンマー(オーストリア)を7-5, 6-2で下したK・カネピ(エストニア)とそれぞれ3回戦を行う。

その他の試合結果は以下の通り。

A・ラドワンスカ(ポーランド) (7) ○-× V・キング(アメリカ), 6-0, 6-3
V・アザレンカ(ベラルーシ) (10) ○-× M・キリレンコ(ロシア), 6-4, 6-1
S・クズネツォワ(ロシア) (11) ○-× T・バシンスキー(スイス), 7-6 (8-6), 6-4
A・サバイ(ハンガリー) ○-× Y・ウィックマイヤー(ベルギー) (13), 6-7 (5-7), 6-3, 6-4

今大会の優勝賞金は35万ドル。

(2010年8月19日13時38分)
その他のニュース

10月21日

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!