- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

過去4度優勝のロディック敗れる◇AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、賞金総額62万7700ユーロ、芝)は木曜日にシングルス3回戦を行い、今大会過去4度の優勝を誇る第4シードのA・ロディック(アメリカ)が、第14シードのD・セラ(イスラエル)に4-6, 6-7 (8-10)のストレートで敗れるという大波乱が起きた。

ロディックは試合を通してセラに主導権を握られ、プレッシャーの中での試合となった。第1セットはセラから1度もブレークが奪えず、逆にセラにブレークを1度許しそのセットを失う。

第2セットでは、セラのサービスゲームで1度もブレークポイントを握れなかったが、自身のサービスゲームで直面した4度のブレークピンチ全てを切り抜け、タイブレークへと持ち込んだ。しかし、2本あったセットポイントを取ることができず、セラの2度目のマッチポイントで試合に終止符が打たれた。

「セラは素晴らしいプレーをしたよ。彼を賞賛するよ。特別な戦略を考えていたんじゃなかな。しっかりショットを決めていたし、彼のサービスゲームではなかなかポイントが取れなかった。ミスも少なかったしね。」と、セラを賞賛するロディック。

加えて「何か違うことができたかなとも思うけど、彼は完璧なプレーをしていた。今日は彼のプレーが自分のテニスを上回っていたね。」と、完敗を素直に認めていた。

セラはこれでロディックとの対戦成績を1勝1敗とし、ベスト8入りを決めた。準々決勝ではR・シュトラー(ドイツ)と対戦する。シュトラーはこの日に第11シードのR・ガスケ(フランス)と3回戦を行う予定だったが、ガスケは腰痛が悪化したため、試合開始前に棄権を申し入れており、不戦勝での勝ち上がりだった。

この日はロディックだけではなく、上位シード勢に波乱が続いた。第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)X・マリス(ベルギー)に3-6, 6-4, 2-6で、第5シードのM・チリッチ(クロアチア)も第12シードのM・ロドラ(フランス)に6-7 (2-7), 2-6で敗れ去り、大会を去る結果となった。

小雨の降る中での試合となったジョコビッチは「今日の状況はあり得ないよ。この状況の中でプロのテニスの試合をしろだなんて、おかしすぎる。試合中ずっと雨を感じていたし、コートはとても滑りやすかった。筋肉を伸ばしてしまいそうになったり何度も怪我をしそうになったんだ。」と、大会側への不満を漏らしていた。

ノーシードながらベスト8入りを決めたマリスは、2002年8月に世界ランク19位まで上り詰めるも、手首の怪我でツアー離脱を余儀なくされていた。準々決勝ではM・グラノジェルス(スペイン)6-4, 7-6 (7-5)で下した第7シードのS・クエリー(アメリカ)と顔を合わせる。

世界ランク1位へ返り咲いた第1シードのR・ナダル(スペイン)も3回戦を行ったが、第16シードのD・イストミン(ウズベキスタン)に7-6 (7-4), 4-6, 6-4と、3時間53分の大接戦を強いられたが辛くも勝利を決めて、大波乱の渦を逃れた。第3セットでナダルはトレーナーを呼び、右足の太腿に治療を受けるシーンが見られた。

「トレーナーを呼んで、足の状態をチェックしてもらったんだ。もうちょっと検査が必要だ。危険なことはないさ。今怪我をしてしまったら、1週間後のウィンブルドンを万全で臨むのは難しくなるからね。棄権することは考えていない。明日も試合をするよ。もちろん注意が必要だし、もう少し検査も必要だね。」と、ナダルは怪我の状態を説明していた。

ナダルはベスト4入りを懸けて第8シードのF・ロペス(スペイン)と対戦する。ロペスは第9シードのJ・ベネトー(フランス)を6-2, 6-4のストレートで退けての勝ち上がり。

第3シードのA・マレー(英国)M・フィッシュ(アメリカ)との3回戦に登場したが、4-6, 6-1, 3-3と、第1セットを奪われたマレーが第2セットを奪い返し、試合は勝敗を決める第3セットへ入ったところで、日没のため翌日へと順延が決まった。この試合の勝者がロドラと準々決勝を行う。

今大会の優勝賞金は7万9250ユーロ。

(2010年6月11日9時34分)
その他のニュース

8月21日

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

8月18日

インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!