- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

エナン、シャラポワ、クルム伊達らが初戦突破◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会3日目の25日、残りの女子シングルス1回戦が行われ、第22シードのJ・エナン(ベルギー)、第12シードのM・シャラポワ(ロシア)、そしてクルム伊達公子(日本)らがそれぞれ勝利し、2回戦に駒を進めている。

今大会で4度目の優勝を飾った2007年以来の出場となったエナンは、T・ピロンコバ(ブルガリア)を6-4, 6-3で下し、今大会で3年ぶりの勝利を飾っている。

今大会での連勝記録を22に伸ばしたエナンは「何を期待していいか分かりませんでしたし、どうやって自分の感情と向き合うのかも分かりませんでした。コートに入って試合が始まったとき、たくさんのものが戻ってきました。観客の皆さんとそれを共有することは、ただ素晴らしいですし、彼らは再び応援してくれました。だから復帰したことは良かったです。」と、3年ぶりとなるパリの舞台について語った。

20ヶ月の引退生活を終え、今シーズンからツアーに復帰しているエナンは今大会の優勝候補に名を連ねている。

「彼女は今大会で優勝するチャンスがあるわ。」と、ピロンコバ。「彼女のプレーはいまだに素晴らしい。引退して彼女が何かを失ったとは思えません。以前よりも良いプレーをしていると思います。彼女は素早く、ストロークはより堅実になっています。」と今のエナンについてコメントを残した。

今大会の女子シングルスにエントリーしている選手の中で最年長となるクルム伊達は、2年連続で今大会の決勝に進出していた第9シードのD・サフィーナ(ロシア)を3-6, 6-4, 7-5の逆転で下し、2008年の復帰後から初めてとなるグランドスラムでの初戦突破を果たしている。

オープン化以降、今大会の女子シングルスで勝利した選手の中で2番目の年長選手となった39歳のクルム伊達は、試合後の会見で最後にトップ10選手に勝った記憶について質問されると「1996年にマディソン・スクエア・ガーデンで行われたチャンピオンシップです。1回戦でM・セレス(アメリカ)に勝利していますが、彼女は引退しています。」とコメントした。

今大会で優勝すれば生涯グランドスラム達成となる第12シードのシャラポワは、予選勝者であるK・ペルバク(ロシア)を6-3, 6-2で下し、順当に2回戦進出を決めている。

この日は日本勢から森田あゆみ(日本)も登場していたが、K・フリッペンス(ベルギー)に1-6, 4-6のストレートで敗れ、8大会目となるグランドスラム挑戦ながらも初戦突破はならなかった。

この他の試合の結果は以下の通り。

M・バルトリ(フランス) (13) ○-× M・カメリン(イタリア), 6-2, 6-3
Y・ウィックマイヤー(ベルギー) (16) ○-× S・ザラボバ(チェコ共和国), 6-1, 6-1
S・ペア(イスラエル) (18) ○-× N・ヤゴステラ=ビベス(スペイン), 6-1, 6-4
V・ズヴォナレーワ(ロシア) (21) ○-× A・ブリアンティ(イタリア), 6-3, 6-1
D・ハンチュコバ(スロバキア) (23) ○-× T・タナスガーン(タイ), 6-1, 6-1
鄭潔(中国) (25) ○-× E・ビュチコワ(ロシア), 7-5, 6-4
A・パブリュチェンコワ(ロシア) (29) ○-× A・コルネ(フランス), 6-4, 6-2
A・ピヴォヴァロヴァ(ロシア) ○-× I・オラル(ルーマニア), 6-4, 6-3
J・グロス(オーストラリア) ○-× Y・チャン(台湾), 6-2, 6-3
O・サンチェス(フランス) ○-× S・ペリー(アメリカ), 7-6 (7-4), 6-0
A・ロディオノワ(ロシア) ○-× E・マカロバ(ロシア), 6-3, 6-2
K・ザコパロバ(チェコ共和国) ○-× K・シュレボトニック(スロベニア), 7-6 (7-3), 4-6, 6-2
J・クレイバス(アメリカ) ○-× K・オブライエン(英国), 6-0, 4-6, 6-2
B・マテック(アメリカ) ○-× V・キング(アメリカ), 6-2, 6-2
O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ) ○-× C・スアレス・ナバロ(スペイン), 7-6 (11-9), 6-1
S・バンマー(オーストリア) ○-× M・デュケ=マリーノ(コロンビア), 6-0, 6-1

今大会の優勝賞金は112万ユーロ。

(2010年5月26日5時28分)
その他のニュース

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!