- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナが大接戦を制し3回戦進出◇ムチュア・マドリレーニャ・オープン

女子テニスツアーのムチュア・マドリレーニャ・オープン(スペイン/マドリッド、賞金総額350万ユーロ、クレー)は10日、シングルス2回戦3試合が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)V・ドゥシェヴィナ(ロシア)を6-7 (2-7), 7-6 (7-5), 7-6 (7-5)と逆転で破り、3回戦進出を果たした。

第1セットでは3本のセットポイントを握ったセリーナであったが、そのチャンスを逃すと世界ランク43位のドゥシェヴィナに逆転でセットを奪われてしまう。その後の第2セットでは、ゲームカウント5-6で迎えた自らのサービスゲームでマッチポイントのピンチに面するが、ドゥシェヴィナのミスなどに助けられた。

ファイナルセットでは、セリーナがゲームカウント5-2と大きくリードを奪ったものの、ドゥシェヴィナが粘り3セット連続でタイブレークに突入する。タイブレークでも接戦を続ける両者であったが、経験に勝るセリーナが3時間26分で劇的な勝利を収めた。ツアーの公式記録によると、セリーナが行った試合で最も長い試合とのこと。

「明らかにベストではなかったし、良いプレーではなかったけれど、勝つことが出来て本当に誇りに思う。」とセリーナ。「こんなに長い試合をプレーしたら、負けたくはなかったわ。」

世界ランク1位のセリーナは、第3セット途中でコートを離れ足の治療を受けていた。コートに戻ってきたときには、右の太ももにテーピングを施されていたセリーナであったが、その怪我がどれくらい深刻なのかは分からないとコメントしている。

この他の2回戦では、セリーナの姉である第4シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)V・ズヴォナレーワ(ロシア)に7-5, 6-3で、第15シードのF・スキアボーネ(イタリア)S・バンマー(オーストリア)に6-2, 6-1でそれぞれ勝利しており、3回戦に駒を進めている。

この日は残りのシングルス1回戦11試合も行われており、第2シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)P・クヴィトバ(チェコ共和国)に6-4, 6-2で勝利した一方、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのD・サフィーナ(ロシア)K・ザコパロバ(チェコ共和国)に6-7 (1-7), 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、早くも大会を去っている。

第1セットを落としたサフィーナは、第2セットでは3ゲームを連取するなど勢いを取り戻したかに見えたが、タイブレークの末にこのセットも世界ランク88位のザコパロバに奪われゲームセットとなった。

また第10シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)S・ポン(中国)との対戦に臨んでいたが、ポンに第1セット0-3とリードされた時点で試合を棄権、初戦で姿を消している。

この他の試合の結果は以下の通り。

S・ストザー(オーストラリア) (8) ○-× G・ドゥルコ(アルゼンチン), 7-6 (7-3), 7-5
N・リー(中国) (13) ○-× B・ガルシア・ビダガニー, 6-0, 6-2
F・ペネッタ(イタリア) (14) ○-× S・シルステア(ルーマニア), 6-1, 1-6, 6-1
N・ペトロワ(ロシア) (16) ○-× E・ヴェスニナ(ロシア), 4-6, 6-2, 6-3
A・クレイバノワ(ロシア) ○-× A・アマンムラドワ(ウズベキスタン), 6-3, 6-2
A・パーラ=サントンハ(スペイン) ○-× V・ルアノ=パスクアル(スペイン), 6-3, 6-2
A・メディーナ=ガリゲス(スペイン) ○-× 鄭潔(中国), 3-6, 6-3, 6-2
P・シュニーダー(スイス) ○-× A・サバイ(ハンガリー), 5-2, 途中棄権

今大会の優勝賞金は62万ユーロ。

(2010年5月11日11時48分)
その他のニュース

2月28日

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【速報中】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!