- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

デル=ポトロがフェレール下し4強入り◇AIGジャパン・オープン

男子テニスツアーのAIGジャパン・オープン・テニス(東京/日本、賞金総額86万9000ドル、ハード)は3日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのD・フェレール(スペイン)を6-1, 7-5のストレートで下し、準決勝に進出した。

20歳のデル=ポトロは、今季夏まではATPツアーのタイトルを獲得したことがなかったが、初優勝から4大会連続優勝と離れ業をやってのけ、全米オープンではベスト8に進出する活躍を見せていた。

今年の4月には81位だった世界ランクを、今では12位まで上昇させたデル=ポトロ、「試合運びや、心の持ちよう等、たくさんの事を変えた。なにか一つのことが特別に向上したわけではない。これは多くの物事の組み合わせです。(今日の)第1セットは簡単に見えましたが、厳しい展開になると思っていました。なぜなら、フェレールは戦士で最後のポイントまで諦めないからです。」と、コメントした。

今季5勝目に向けて大きく前進したデル=ポトロは、第4シードのR・ガスケ(フランス)と決勝進出を争う。昨年の今大会準優勝者であるガスケは、第12シードのR・シュトラー(ドイツ)を、6-3, 6-2のストレートで退けてのベスト4進出。

一方、2連覇の達成を阻まれた、世界ランク5位のフェレールは、「今日の彼のプレーは別に驚くことではない。彼(デル=ポトロ)はこの2ヶ月間の勝利によって、すごく自信に満ちている。今日の彼は、重要なポイントで良いサーブを決めてきた。それが違いだった。」と、勝者を称えた。

ドローのボトムハーフでは、第9シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)が、第3シードのF・ゴンサレス(チリ)を6-0, 6-4で下す番狂わせが起きた一方、第2シードのA・ロディック(アメリカ)は、V・トロイキ(セルビア)を6-3, 6-4で下し、順当にベスト4入りを決めた。

先週のチャイナ・オープンで、自身26個目のタイトルを獲得し、2週連続優勝を目指すロディックは、「良い試合だった。今週でベストの出来だった。初戦は少し苦しんだが、今ではこういったプレーを続ければ、決勝にも進めると思う。」と自信のコメントを残した。

世界ランク8位のロディックは、ベルディフに対し2勝1敗と勝ち越している。

今大会の優勝賞金は13万5000ドル。

(2008年10月4日11時35分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!