シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

ナダルがフェデラーを倒し初優勝◇ウィンブルドン

ウィンブルドン大会最終日の6日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が5連覇中のディフェンディング・チャンピオンで、第1シードのR・フェデラー(スイス)を6-4, 6-4, 6-7 (5-7), 6-7 (8-10), 9-7で破り、見事初優勝を果たした。

過去2年連続で決勝に進出しながらも、フェデラーの前に敗れ去っていたナダルにとって、今回の勝利はそのキャリアを変えることになる勝利となった。クレーコート以外でグランドスラムタイトルを獲得した。「前の2回の決勝では惜しいところで負けていた。だけど、彼(フェデラー)はナンバー1で、最高の選手だ。ここで5回優勝しているチャンピオンだ。今、僕が1つ取った。僕にとって、とても大切な日になった。」

今季の全仏オープンで4連覇を達成していたナダルは、1980年のB・ボルグ(スウェーデン)以来となる、同一年での全仏オープンとウィンブルドンの覇者になった。また、スペイン人の優勝者は、1966年のM・サンタナ以来となる。「この感覚を言い表すことなんて不可能だよ。このタイトルが獲れてただ嬉しい。僕にとってこの大会でプレーすることは夢だった。だけど優勝するなんてことは、想像したこともなかった。」

これまでのナダルは、クレーコートのスペシャリストとして名を馳せていたが、フェデラーの5年間に及ぶグラスコートでの優位を覆したことで、男子テニスで最も優れたプレイヤーの一人としての地位を固めた。

ウィンブルドンでの40連勝とグラスコートでの65連勝という、2つの連勝記録を止められたフェデラーは「出来る事は全てした。ラファ(ナダル)は賞賛に値するチャンピオンだ。彼のプレーは、素晴らしかった。」と、相手を讃えるしかなかった。

ファイナルセット第16ゲームに訪れたナダルのマッチポイントで、フェデラーがフォアハンドをネットにかけたとき、ナダルは歓喜と極度の疲労からそのままコートに倒れこみ、そして涙ながらに観客に手を振った。

この日の試合は、数々のテニスの専門家からも絶賛されている。かつて、ボルグの6連覇を阻止し、3度のウィンブルドンチャンピオンに輝き、現在はテレビ解説者のJ・マッケンロー(アメリカ)は「今まで見た中で最も偉大な試合」と評し、あるベテランテニス記者は、「テニスの世界ヘビー級選手権、ウィンブルドンの歴史でも、まれに見る試合」と表現した。

フェデラーは1976年から1980年に5連覇を達成したボルグを超え、オープン化以降初となる6連覇の偉業達成をあと少しで逃した。

「フェデラーは偉大なチャンピオンだ。彼の長所は、負けた時も勝った時も、いつも前向きということ。僕はいつでも彼を尊敬しているし、憧れすら持っている。僕らは良い関係だと思う。」とナダル。

フェデラーは6連覇の達成を逃しただけでなく、先月の全仏オープン決勝で、ナダルに喫したストレート負けのリベンジにも失敗してしまった。

最初の2セットでは、ナダルのストロークに完全に押されていたフェデラーであったが、続く第3セットからは王者の意地を取り戻し、セットカウントを2−2のタイに持ち込み、4時間48分と史上最長となるウィンブルドンの男子シングルス決勝で敗れたフェデラーは、「おそらく、最もつらい敗戦だと思う。プレー自体は悪くなかったが、最初の2セットでミスをし過ぎた。」と語った。

ファイナルセットでは、お互いにサービスキープが続いたが、第15ゲームでフェデラーがストロークを打ち上げてしまい、ナダルにサービスブレークを許すと、最後はフェデラーがこの日52本目となるミスを犯し、ナダルがキャリア5勝目のグランドスラムタイトルを手にした。

この日13本のブレークチャンスがありながら、1本しか活かす事が出来なかったフェデラーにとって、あまりにふさわしい幕切れだった。「簡単にはいかなかったけど、最悪を予期していた。最高のコートで最悪の相手だ。ここでまたプレーするのは喜びなんだ。勝てなかったのは残念だけど、来年また戻ってくるよ。」

雨により開始が30分ほど遅れた決勝は、フェデラーの2セットダウンで幕を開けた。

ミスをわずか7本におさえ、3度のブレークチャンスがあったにも関わらず、第1セットを落としたフェデラーであったが、続く第2セットでは3−0と序盤でリードを奪う。しかし、第8ゲームで再び訪れたチャンスをナダルにしのがれると、流れが変わり、ナダルが連続でブレークに成功、第2セットも奪われる。

第3セットに入り、第7ゲームで0−40のピンチをしのいだフェデラーは、ゲームカウント4−3とリードを奪うが、その後は両者共にサービスキープが続き、この日2度目となる雨により、90分ほど試合は中断される。

試合再開後、フェデラーはタイブレークに持ち込み、3本目のセットポイントでサービスエースを決め、試合は第4セットに入った。

第4セットでも両者のサービスキープは続き、2セット連続でタイブレークに突入する。タイブレーク7−7で迎えたポイントで、ナダルがウィナーを決め、2本目となるチャンピオンシップポイントを迎えたが、今度は逆にフェデラーが2本のウィナーを叩き込み9−7とリードを奪うと、最後はナダルのリターンがオーバーし、ファイナルセットに突入した。

ここでも、両者サービスキープが続き、第4ゲームが終了したところで、3度目の雨による中断をはさみ、翌日に順延する可能性も帯びてきたが、結局25分後に試合は再開され、第8ゲームでフェデラーがブレークチャンスを迎える。しかし、ナダルは強力なフォアハンドでこれをしのぐ。

第11ゲームと第13ゲームで、0−30のピンチをしのいだフェデラーであったが、迎えた第15ゲームで15−40の劣勢から、デュースに持ち込むも最後はナダルにブレークされ、力尽きた。

(2008年7月7日10時59分)
その他のニュース

7月16日

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

7月15日

望月慎太郎 ジュニア世界1位 (22時02分)

錦織7位 7/15付の世界ランク (17時00分)

大坂2位 7/15付の世界ランク (16時00分)

グランドスラム2大会連続V (15時30分)

初優勝で世界1位へ (15時00分)

望月 錦織は「素晴らしい人」 (11時00分)

ジョコ「喜び超える感情」 (9時52分)

錦織圭 快挙の望月慎太郎を祝福 (8時49分)

フェデラー「これが現実」 (7時08分)

望月慎太郎「快挙の実感ない」 (6時19分)

フェデラー惜敗「忘れない」 (4時31分)

ジョコV5「誇りに思う」 (4時02分)

ジョコビッチ 死闘制しV5 (3時08分)

国枝 ウィンブルドン初V逃す (3時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョコ (3時05分)

7月14日

日本男子初の快挙 望月が頂点に (22時35分)

望月慎太郎V 日本男子初の快挙 (22時09分)

デル=ポトロ 松葉杖なしに (16時58分)

ハレプ 腹痛乗り越え快挙達成 (15時00分)

約5時間の死闘制し初優勝 (13時59分)

セリーナ 産後初Vと偉業逃す (7時53分)

ハレプV「人生で最高の試合」 (5時56分)

セリーナ わずか56分で敗れる (0時00分)

7月13日

ハレプ初V「一生忘れない」 (23時36分)

ハレプ初V セリーナに完勝 (23時06分)

【1ポイント速報】ハレプvsセリーナ (23時05分)

土居美咲 スウェーデンOP優勝 (20時33分)

フェデラー 決勝ジョコを警戒 (18時51分)

ナダル「ロジャーが勝者に値する」 (17時57分)

望月慎太郎、死闘制し快挙 (16時55分)

バウティスタ=アグ「満足」 (15時51分)

ジョコ、フェデラーは「速い」 (13時30分)

フェデラー、ナダルを称賛 (11時00分)

望月決勝へ「よく分からない」 (10時02分)

ナダル落胆 フェデラーに脱帽 (9時06分)

フェデラー「作戦貫いた」 (6時37分)

国枝 ウィンブルドン初の決勝へ (6時14分)

フェデラー決勝へ ナダル撃破 (3時42分)

【1ポイント速報】フェデラーvsナダル (0時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!