シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

ティプサレビッチがロディックから金星◇ウィンブルドン

ウィンブルドン大会第4日目の26日、男子シングルス2回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)や第8シードのR・ガスケ(フランス)らが順当に勝ち進んだ一方、第6シードのA・ロディック(アメリカ)と第9シードのJ・ブレーク(アメリカ)のアメリカ勢がそろって敗退する波乱が起きた。

2004年と2005年の準優勝者である、第6シードのA・ロディックは、センターコートで世界ランク40位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)と対戦。ロディックは、第1セットこそタイブレークの末に勝ち取ったものの、続く3セットを取られ結局、7-6 (7-5), 5-7, 4-6, 6-7 (4-7)で金星を献上した。

過去8回の出場で初めて3回戦に進めなかったロディックは、「チャンスで固くなってしまった。あれでは勝つのは厳しいし、やりたいことが出来なかった。」と敗戦を悔やんだ。

また、第9シードのJ・ブレークは、R・シュトラー(ドイツ)に3-6, 7-6 (10-8), 6-4, 4-6, 4-6とフルセットの接戦の末に2回戦で敗退を喫した。現在世界ランク8位のブレークは、これで6回目の今大会出場だが、3回戦進出が最高成績で、グランドスラム通算では、未だに準決勝に進出したことがない。

アメリカ勢のシードダウンが続出した一方、第2シードのR・ナダルは、E・ガルビス(ラトビア)から5-7, 6-2, 7-6 (7-2), 6-3で勝利を収め、3回戦に駒を進めた。

第1セットこそ、ガルビスの強力なサーブに押されていたナダルだったが、第2セット以降は戦術を変更し、逆転勝利をものにした。

「第1セットの後、少し(ベースラインの)後ろでリターンするようにしたんだ。特にセカンドサーブの時に。試合の最初の方は、攻撃的にプレーしよとしたけど、彼(ガルビス)のサーブが良過ぎたので、それができなかった。だけど、少し下がったことで、ラリーに持ち込めるようになった。そうしたら、ポイントが取れるようになったんだ。」と、ナダルは勝因を語った。

ナダルは3回戦で、M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン)を6-0, 6-3, 6-1で破った、第27シードのN・キーファー(ドイツ)と対戦する。

1936年以来の地元勢の優勝を目指す、第12シードのA・マレー(英国)は、X・マリス(ベルギー)を6-4, 6-2, 6-2のストレートで下し、地元観客の期待に応えた。

昨年、今大会でベスト4に進出し躍進を果たした、第8シードのR・ガスケは、同胞のS・グロージャン(フランス)と対戦し、6-2, 6-2と2セットアップとしたところで、グロージャンが棄権を申し入れたため、3回戦に進出した。

この他の試合の結果は以下の通り。

P・H・マチュー(フランス) (14) ○-× J・シャーディ(フランス), 6-3, 7-5, 7-6 (7-1)
R・シュティエパネック(チェコ共和国) (16) ○-× V・トロイキ(セルビア), 6-7 (1-7), 6-7 (3-7), 6-3, 6-1, 6-2
M・ヨージニ(ロシア) (17) ○-× S・ガルバニ(イタリア), 4-6, 6-4, 6-3, 3-6, 6-3
G・ガルシア=ロペス(スペイン) ○-× N・アルマグロ(スペイン) (19), 6-3, 3-6, 5-7, 6-1, 6-2
T・ハース(ドイツ) ○-× T・ロブレド(スペイン) (23), 6-4, 6-4, 6-3
M・チリッチ(クロアチア) ○-× J・ニエミネン(フィンランド) (24), 6-4, 3-6, 6-3, 6-7 (6-8), 7-5
D・ツルスノフ(ロシア) (25) ○-× C・イートン(英国), 7-6 (7-2), 6-2, 6-4
G・シモン(フランス) (28) ○-× A・カイエリ(アルゼンチン), 5-7, 6-2, 6-3, 6-4
J・メルツァー(オーストリア) ○-× J・レヴィン(アメリカ), 4-6, 6-2, 3-6, 6-4, 6-1
A・クレマン(フランス) ○-× B・ベッカー(ドイツ), 7-6 (9-7), 7-6 (7-3), 6-3

(2008年6月27日10時10分)
その他のニュース

9月18日

【告知】大坂なおみvsチブルコワ (21時13分)

奈良くるみ 元女王に屈する (21時00分)

モンフィス CHで復帰へ (20時24分)

スティーブンス 東レ初戦敗退 (19時50分)

日比野 複で初戦突破ならず (19時27分)

発見 脳を利用した練習方法 (19時14分)

大坂なおみ 最終戦ランク4位 (17時21分)

錦織 最終戦10位、17日付 (11時22分)

ワウリンカ 露で初戦突破 (10時35分)

9月17日

錦織12位 日本勢世界ランク (22時34分)

日比野 健闘も敗退「悔しい」 (22時30分)

天国と地獄を見た土居美咲 (20時33分)

大坂 初戦は元4位チブルコワ (19時42分)

大坂 涙の全米は「後悔ない」 (16時52分)

大坂「カツ丼まだ。天ぷらも」 (13時58分)

大坂7位 17日付世界ランク (11時28分)

4時間熱戦制し2年ぶり決勝へ (9時55分)

錦織12位 17日付世界ランク (8時26分)

9月16日

デ杯 日本、4勝0敗で勝利 (21時04分)

東レ 日比野と土居が本戦へ (18時46分)

4時間の死闘制し望みつなぐ (17時56分)

デ杯 仏が2年連続の決勝進出 (17時42分)

守屋宏紀 CH4勝目ならず (17時21分)

穂積組、加藤/二宮破りV (17時00分)

綿貫陽介 デ杯デビュー戦白星 (13時08分)

【1ポイント速報】デ杯 綿貫陽介 (12時07分)

錦織らモゼールOP組み合わせ (12時01分)

ジュニア国際大会 15日開催 (12時00分)

9月15日

大坂ら東レ組み合わせ発表 (20時37分)

穂積組、青山組破り決勝へ (20時31分)

17歳 予選から快進撃で決勝へ (20時12分)

守屋 3時間半激闘制し決勝へ (19時28分)

日本ファイナルズ予選進出決定 (15時09分)

チリッチら勝利 決勝進出王手 (10時43分)

デ杯 仏2連勝で決勝進出王手 (9時36分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!