- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

サバイらシード勢が順当に初戦突破◇ドイツ・オープン

WTAティア1大会のカタール・テレコム・ドイツ・オープン(賞金総額134万ドル、クレー)は5日、シングルス1回戦が行われた。上位シード勢では、第10シードのA・サバイ(ハンガリー)が登場し、M・セケーラ(ベネズエラ)と対戦したが、6-2, 3-0とリードしたところでセケーラが首の痛みを訴えて棄権し、2回戦進出を決めた。

19歳のサバイは現在世界ランク14位につけており、今大会は今年が初出場。昨年は2大会で優勝、1大会で準優勝を飾って、一気にトップ20入りする躍進の年だった。2回戦ではM・ミュラー(ドイツ)ヤン・ツー(中国)の勝者と対戦する。

第11シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)も、対戦相手の棄権で勝利が舞い込んでおり、6-0, 5-3とリードしたところでA・クルベール(ドイツ)が右手首の負傷で棄権した。ラドワンスカは今年、全豪オープンを含む4大会でベスト8入りしている。2回戦では、E・ゼハレビッチ(ブルガリア)との予選上がり同士の対決を7-6 (9-7), 3-6, 6-3で制したA・バークマン(ドイツ)と顔を合わせる。

第13シードのD・サフィーナ(ロシア)はワイルドカードのJ・ジョルジュ(ドイツ)を6-3, 6-4で、第15シードのA・ボンダレンコ(ウクライナ)D・チブルコワ(スロバキア)を6-4, 1-6, 7-6 (11-9)で、2006年覇者で第16シードのN・ペトロワ(ロシア)K・シュレボトニック(スロベニア)を7-6 (7-5), 3-6, 7-6 (7-2)で下し、それぞれ順当に2回戦へ進んだ。

一方、第14シードのS・ペア(イスラエル)はワイルドカードで出場の地元勢、S・リシキ(ドイツ)に5-7, 1-6でストレート負けし、早くも大会を後にした。
E・ヴェスニナ(ロシア)M・キリレンコ(ロシア)のロシア勢対決は、6-2, 5-7と1セットオールでとなったところで、日没順延となった。

今大会の第1シードは、過去3勝を誇るJ・エナン(ベルギー)。そして、第2シードは昨年チャンピオンのA・イバノビッチ(セルビア)となっている。上位8シード選手は1回戦が免除され、2回戦からの登場で、今大会の優勝賞金は19万6千800ドル。

その他の結果は、以下の通り。

F・スキアボーネ(イタリア) ○-× A・コルネ(フランス), 7-5, 4-6, 6-3
L・サファロバ(チェコ共和国) ○-× V・ラッツァーノ(フランス), 6-4, 7-5
K・ボンダレンコ(ウクライナ) ○-× T・パスゼック(オーストリア), 6-4, 6-3
S・バンマー(オーストリア) ○-× M・クライチェック(オランダ), 6-1, 6-2
C・ウォズニアキ(デンマーク) ○-× T・ゴロバン(フランス), 7-6 (7-4), 6-2
K・カネピ(エストニア) ○-× K・ナップ(イタリア), 6-0, 6-1
Y・チャン(台湾) ○-× P・パルメンティエ(フランス), 7-5, 2-6, 6-4

(2008年5月6日8時20分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!